新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

たいようまでのぼったコンドル」 みんなの声

たいようまでのぼったコンドル 作:乾 千恵
絵:秋野 亥左牟
出版社:福音館書店
税込価格:\429
発行日:2010年12月
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,088
みんなの声 総数 5
「たいようまでのぼったコンドル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいお話でした

    絵があまり好みじゃなくて読む気になれませんでしたが、

    子供が読みたい!と言ったので渋々読みました。

    結論から言います。

    これすっごいいいお話でした。

    いつもピンとこないなと思っているお話も

    子供が選んだ絵本って意外と当たります。

    アンデスの山々をのぞむ高原に

    チャスカという名前の娘がいました。

    毎日リャマやアルパカと過ごし、

    一日中小高い丘の上ではた織りをしています。

    いつもコンドルの歌を歌っているのを

    空からコンドルは聞いていました。

    いつかあの娘と話したい、そう思ってました。

    コンドルは人間の姿になってチャスカに

    近づきました。

    困っているチャスカを助けてくれて

    家族にも気に入られました。

    でも正体を明かさないので気になったお父さんは後をつけました。

    人間の姿に変身したコンドルだということを

    見てしまったのです。

    チャスカとコンドルはとても惹かれあっているのに

    お父さんは認めてくれません。

    どんどん元気をなくしてしまうチャスカ。

    このまま終わったらどうしよう。

    タイトルはたいようまでのぼったコンドル。

    この意味がようやくわかりました。

    投稿日:2020/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちのはな

    コンドルが、人間の娘のチャスカに恋をしました。チャスカの歌う♪いくつのもの やまを こえて コンドルが ゆく。
    わたしの おもいも、あなたとともに そらを かける。
    アーイ、コンドルよ!♪

    その歌声に、強く心惹かれているコンドル。
    「あの 娘の 歌は、まるで わたしを よんでいるようだ。
    いつか あのこの傍に 行って、話をしたいものだ」

    そのコンドルとチャスカは、両思いになりましたが、コンドルが、人間ではないと知ると父親から二人が会うことを反対されてしまったのでチャスカは、病気になってしまいました。病気を治すには、太陽の神さまのインティまで登って「大きな赤い花、いのちのはな」をとってくることでした。チャスカの為ならどんなことにも耐え抜いて頑張りぬいたコンドルの姿に惚れ惚れしました。その命の花でチャスカは、救われてマユク(ゴンドルが人間になったときの名前)とチャスカは、はれて一緒に暮らせるようになりました。二人は、子どもたちや沢山のリャマやアスパカとともに、末永く幸せに暮らしたと言うことでした♪

    ハッピーエンドが、大好きで、いつまでも余韻が嬉しい私でした♪

    投稿日:2019/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンデスならではのお話です。
    人間の娘チャスカに恋したコンドルは、マユクという青年に姿を変えて近づきました。
    コンドルであることを知って、親に切り離された二人ですが、恋の病に伏してしまったチャスカと、命の花を求めて太陽の神のもとに羽ばたくマユクでした。
    壮大な自然の中で、アンデスの文化を感じさせる物語だと思います。
    アンデスの人はコンドルとともに暮らしているのですね。

    投稿日:2018/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンデスのお話

    人間の娘に心を惹かれたコンドルが、人に姿を変えて現れます。
    二人は両思いになりますが、正体がばれて引き離されます。
    さみしさから病気になった娘のために、コンドルは太陽へ「いのちの はな」を取りに行きます。

    コンドルと人間ですが、二人の間にある強い愛の物語だと思います。
    アンデスの民族衣装や自然が、美しい絵で描かれていました。
    特に太陽は神々しく、太陽を「神」とあがめるアンデスの人々の気持ちがわかりました。

    南米が題材となった絵本は珍しいので、子供にとってもアンデスの世界を知る貴重な機会になったと思います。

    投稿日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福音館

    南米アンデス山脈の むかし むかしのお話です。
    大空を悠々と駆けめぐるコンドル「神の鳥」として人々に大切にされているのですね

    コンドルがチャスカという娘に恋心を抱きます。
    彼女が歌う歌に「まるで わたしを よんでいるようだ いつか あのこのそばに いって はなしをしたいものだ」
    人間の若者の姿になるのです
     
     二人の恋が芽生えるのですが お父さんは若者は コンドルだといい二人を切り離すのです
    チャスカは重い病気になるのです
    助けるためには 「太陽の神様 インティのもつ いのちの はなをもらってくることだ」とおじいさんが言うのです

    コンドルは心配のあまり若者に姿を変えて現れ 自分が行くというのです
    険しい嵐や太陽の番人の白いタカと戦い傷だらけになっても チャスカのために 太陽の神様からいのちの はなをもらうのです
    この話は感動的です!!

    コンドルの命がけの姿は  愛するチャスカの病を救うのです
    みごとな 秋野さんの絵にも感動しました(迫力  美しい色使いは見事です!)

    悲しいことに 秋野亥左牟さんは 2011年11月23日に亡くなられました・・・・・
    このお話は 子供たちに読んであげたいと思います。

    大人の方も是非読んでみてください。

    投稿日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット