新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

TOP500

morimori

ママ・30代・山口県、女の子9歳

  • Line

morimoriさんの声

1199件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いつでもにぎやか^^  投稿日:2021/12/27
どんぐりむらのいちねんかん
どんぐりむらのいちねんかん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
どんぐりむらの1月ごとの様子が可愛らしく、とても楽しそうなに描かれていました。同じどんぐり村シリーズの仲間たちが必ず登場するので、「この子は、あの本に出てきていたね!」と言いながら、子どもと一緒に楽しめました。季節の移り変わりの様子も見ていて楽しかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 悪役からヒーローへ  投稿日:2021/07/10
ぶどうくん
ぶどうくん 作・絵: さとう めぐみ
出版社: PHP研究所
悪ふざけが過ぎて、なかなか周りの友達と仲良くなれないぶどうくんを見て、クラスに1人はこんな子どもがいたな〜と、小学校時代を懐かしく思いました。みんなを困らせてばかりのぶどうくんでしたが、みんなが本当に困ったときに助け船を出せる優しいヒーローでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけがいっぱい!  投稿日:2021/07/10
おばけのパンやさん
おばけのパンやさん 作・絵: いちよんご
出版社: 教育画劇
たくさんのおばけが登場し、とてもにぎやかな雰囲気でパン作りをしているようすが見られました。ラストででてくるパンのおばけは、こわいけどどこか愛らしい雰囲気です。怖いお化けの本が苦手な子でも楽しく読めるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どきどきどきっ  投稿日:2021/07/10
ついてくる
ついてくる 作: 小川 育
出版社: 教育画劇
薄暗い中、だれかが後ろをついてくる。怖いようなワクワクするようなどきどき感が味わえました。ページをめくると、ビニール袋が風でゆれていたり、ふくろうが鳴いているのがわかってほっとしましたが、ラストはおばけの大きな顔が出てきて、親子でびっくりでした。でも、さらにページをめくると「なぁんだ!」とほっとするやら笑えるやら。夏の肝試しにぴったりなお話でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 食べても食べても  投稿日:2021/05/15
まるのみ へび
まるのみ へび 作: 花田鳩子
絵: 植垣 歩子

出版社: 大日本図書
お腹がすいて、カエルを丸飲みしたけれど、お腹の中から聞こえる歌につられて歌を歌ってしまう蛇がとても可愛らしいです。その後も、出会った豚やうさぎを丸飲みしますが、結局何も食べれず。ちょっと可哀想な気もしますが、ラストはお決まりな展開で笑えました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ブラッキンダー!  投稿日:2021/02/02
ブラッキンダー
ブラッキンダー 作・絵: スズキ コージ
出版社: イースト・プレス
スズキコージさんが描く独特な絵の世界はずっと見ていて飽きのこない面白さがあります。夜の冒険に繰り出し、ドキドキワクワクするような雰囲気が伝わってきました。さらに、「〜するよ ブラッキンダー」と、何度も繰り返される「ブラッキンダー」は思わず叫びたくなりますw絵本を読み終わった後も、我が子は会話の語尾に「ブラッキンダー」をつけて楽しんでいました^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 偶然ってすごい  投稿日:2021/01/25
ロバのシルベスターとまほうの小石
ロバのシルベスターとまほうの小石 作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
魔法の石を見つけたロバのシルベスターはとても幸運なロバでしたが、怖い動物に襲われそうになった時に、食べられないように「自分は石になりたい」と願ってしまいました。その瞬間、親子で「ああ〜!」と思わず声が出るくらい衝撃でした。でも最後は無事に元に戻れてよかったです。お父さんとお母さんと再会する場面は、じんわりと心が温まりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う モンゴルの大自然  投稿日:2021/01/22
トヤのひっこし
トヤのひっこし 文: イチンノロブ・ガンバートル
絵: バーサンスレン・ボロルマー
訳: 津田 紀子

出版社: 福音館書店
モンゴルの自然の雄大さやが見開きいっぱいに描かれていて、美しい景色をじっと見ていたくなりました。我が子は、モンゴルの遊牧民の生活について興味をもつきっかけになったようです。ゲルや砂漠や遊牧について、さらにインターネットで調べてみたりと、知識が広がりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なりきっているのがかわいい^^  投稿日:2021/01/17
おばけになりたい なす
おばけになりたい なす 作: 岩神 愛
出版社: 岩崎書店
「むさらきおばけ」と言われてショックを受けたなすびちゃんが、おばけになりきって変身していく様子がとてもかわいかったです。たくさんのお化けたちの中に上手に紛れ込んでいるので、探すのも楽しかったです。最後は無事に食べてもらえてよかったです^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもちゃになりきり♪  投稿日:2021/01/17
おもちゃになりたいにんじん
おもちゃになりたいにんじん 作: 岩神 愛
出版社: 岩崎書店
「にんじんは嫌い」と言われてショックを受けたにんじんが、いろいろなおもちゃになりきって変身していく様子がとてもかわいいです。我が子のお気に入りは、お人形のページでした。とにかく上手に隠れているので、探すのも楽しかったです。ラストは無事に食べてもらえてよかったです^^
参考になりました。 0人

1199件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ボロボロ絵本コンテスト開催中!

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット