なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

きーちゃんママさんの公開ページ

きーちゃんママさんのプロフィール

ママ・30代・石川県、女の子10歳 女の子8歳

自己紹介
今年1月に4歳になった長女と今年12月に3歳になった女の子のママしてます。子供達と絵本を読む時間がとっても楽しいです。
好きなもの
子供が生まれてから、絵本の素晴らしさを知り、子供達に絵本の読み聞かせをしています。今では私が楽しんでいます。絵本集めが趣味となってきました。

可愛い雑貨を見たり、集めたりすることも好きです。
ひとこと
みなさんのレビューを参考にさせていただいて、図書館で絵本を選んだり、購入の際の参考にさせていただいています。これからもよろしくお願いします。

きーちゃんママさんの声

2742件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 良かったー!  掲載日:2018/8/18
えんとつ町のプペル
えんとつ町のプペル 著: にしのあきひろ
出版社: 幻冬舎
10歳長女と読みました。

ここでの評価が意外な感じでしたが、私も長女も、読み終わった後「とっても良かったね。感動」と話していました。

絵はとても素敵だし、ゴミ人間プペルと男の子の友情。そしてキーワードでもあるハロウィン。これからハロウィンの時期にぴったりだと思います。優しさあふれる絵本で親子で大好きな1冊になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イタリアに行ったことのある人にも  掲載日:2018/8/18
ミミとピギーのベネチアりょこう
ミミとピギーのベネチアりょこう 作: たしろ ちさと
出版社: BL出版
10歳長女が借りてきました。テレビでベネチアを見たことがあるようで、手にしたようです。

私と主人が新婚旅行に行ったのがイタリアだったのですが、「ここ!行った!」など話が弾み、娘たちも「ほんとにこんな感じ?」と聞いてきて、「そうそう!」と親子で盛り上がりました。

イタリアに新婚旅行で行ったことのある人も多いと思います。そんなパパママにもおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 意外な結末  掲載日:2018/8/18
だんしゃく王とメークイン女王
だんしゃく王とメークイン女王 文: 苅田 澄子
絵: 北村 裕花

出版社: 講談社
8歳次女と10歳長女に読みました。

表紙の絵からわかるように、だんしゃく王とメークイン女王は仲が悪くて、そんな2人のために隣の国のいも仲間たちがパーティーを開きます。でも2人は仲良くならずにケンカに。

でもその後顔がしぼんできてしまった2人。お互いに仲直りしますが。

ここからがびっくり。ジャガイモってこういう風になっているんだーと勉強にもなります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何を食べたかすぐわかる(笑)  掲載日:2018/8/18
ばけばけばけばけ ばけたくん たんじょうびの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん たんじょうびの巻 作: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
8歳次女は「ばけたくんシリーズ」が大好きです。久しぶりに借りてみましたが、面白い!この絵本は小さな子の読み聞かせには、とってもおすすめです!

ばけたくん、お誕生日パーティでつまみぐいをしちゃうとすぐにばれてしまうし(笑)ばけたくんが食べるたびに、次女大笑いでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まるで我が家  掲載日:2018/8/18
だめだめ、デイジー
だめだめ、デイジー 作: ケス・グレイ
絵: ニック・シャラット
訳: よしがみ きょうた

出版社: 小峰書店
8歳次女に読みました。

まるで我が家か?と思うくらい似ていてビックリ!あるあるなんですね。
ああ言えばこう言うで、ポンポン返ってきます。それにむきになってしまう私なんですが、デイジーとママのように、こんな風に仲良く終わるのが理想ですね。母である私が反省しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 会話が弾む絵本  掲載日:2018/8/18
またまた ねえ、どれがいい?
またまた ねえ、どれがいい? 作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
8歳10歳の娘たちに読みました。

「ミツバチの蜂蜜づづくりか、ウサギの穴掘りか、手伝うならどっちがいい?」など、たくさんの「どっちがいい?」「どれがいい?」が出てきます。
「ラクダ、ゾウ、牛?」のページは、迷いすぎてなかなか答えが出ず。

親子ですごく会話が弾む絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なお話  掲載日:2018/8/18
かえるくんの おさんぽ
かえるくんの おさんぽ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
「うずらちゃんのかくれんぼ」を書いた、きもとももこさんの作品なので選びました。

今回はかえるくんのお話です。かえるくんがボールを持って遊びに行くと、ボールを穴に入れてしまい。そこでボールを見つけるのですが・・・。実はそのボールが!

とても鮮やかな絵に引き込まれます。物語もとても素敵で、これはオススメ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆっくりゆっくり  掲載日:2018/8/18
ポレポレやまのぼり
ポレポレやまのぼり 文・絵: たしろ ちさと
出版社: 大日本図書
10歳8歳の娘たちに読みました。

やぎくんとはりねずみくん、ぞうくんが山登りをするお話です。みんなで励まし合って山を登るのがとても素敵です。
やぎくんの荷物がとても多いのですが、それにはちゃんと理由があって。

ポレポレというのは何だろう?と思っていたのですが、ゆっくりという意味らしく、調べてみるとアフリカの言語だそうです。なんだかいい言葉だなーと、読み終わった後優しい気持ちになれる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ポテトチップスの由来  掲載日:2018/8/18
せかいでさいしょのポテトチップス
せかいでさいしょのポテトチップス 文: アン・ルノー
絵: フェリシタ・サラ
訳: 千葉 茂樹

出版社: BL出版
8歳次女に借りてきました。とても人気でやっと図書館で借りることができました。

ポテトチップスができるまでに、こんなことがあったとは!コックさんがそれを狙って作ったわけじゃなかったんです。いろいろと諸説あるようですが、これたらポテトチップスを食べるときに、思い出しながら食べちゃいそうです(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素晴らしい人生  掲載日:2018/8/18
キース・ヘリング ぼくのアートはとまらない!
キース・ヘリング ぼくのアートはとまらない! 文: ケイ・A・ヘリング
絵: ロバート・ニューベッカー
訳: 梁瀬 薫

出版社: 評論社
絵を描くのが大好きな10歳長女に借りてきました。面白い絵がいっぱい載っている絵本かなと思って借りてみたのですが、キース・へリングの妹さんが書いたキースの生涯のような絵本です。

絵を極めたキース。極めたというのもおかしいのかもしれませんが、やはり好きなものを見つけることって強いなと思いました。見つけるわけじゃなかったのかもしれませんが、絵を好きな気持ちだけで自分の道を開いていくキース。そしてキースの信念に感動しました。長女もこの絵本で何かを感じてくれたら嬉しいです。
参考になりました。 0人

2742件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット