ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

どーもさんの公開ページ

どーもさんのプロフィール

ママ・30代・宮城県、男3歳

どーもさんの声

37件中 31 〜 37件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい まさか!  投稿日:2007/03/07
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
こちらのレビューで気になっていたので、図書館で借りてきました。
レビュー通りの、思いやりの絵本です。

「どうぞ」「おきのどく」
とても大切な思いやりの言葉が自然に体の中にすーっと入ってきます。

また、物語がどんどんつながっていくので、ちゃんと「お話」の流れあって、しかも「オチ」までついている、大人が読んでも「なるほどー」と感心するストーリー展開です。

表紙にもなっている、「どうぞのいす」を作ったうさぎが、最初しか登場しないのも面白いなと思いました。読み手側に、「翌日いすのまわりの空き瓶などをみたうさぎさんはどう思うのだろう」と思わせる、わくわくする仕掛けだなと感心しました。

子供は、「まさか!」のところが大好きで、一緒に言います。それと、絵がかわいいのでお気に入り。くまさんやきつねさんが豪快に食べている所などは、声を上げて笑っています。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい うわー、すごーい!  投稿日:2006/12/25
たんじょうび おめでとう
たんじょうび おめでとう 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
3歳の誕生日に、私の姉の家族からプレゼントされた本です。

「しろくまちゃんのほっとけーき」もお気に入りだったのですが、こちらの本も息子のお気に入りです。

なんといっても、息子とこぐまちゃんの立場が、びっくりする程とてもそっくり。
お着替えや歯磨きは自分でがんばってできるけど、ボタンはちょっと難しくておかあさんに手伝ってもらう所など、自分とこぐまちゃんを重ね合わせ、本を開いていないときでも、独り言のように本の台詞を言っていいます。

そして、最後のページで、必ず「うわー!すごーい!」と、大声で感嘆の声をあげます。
まさに、夢のつまったページですよね。
この子供の喜ぶ顔をみると、親の私も幸せを感じてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 作りたい!  投稿日:2006/12/25
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
有名な絵本ということで、図書館で読んで聞かせたら、息子が気に入ったので、購入しました。

息子自身ホットケーキが好きで、作る過程を見せていたのもあって、この本も好きなのかな。
勿論、この本に出会ってからは、ホットケーキを作るときは、この絵本をレシピブックのように開いて、息子と読みながら作っています。
ホットケーキが焼けるページの言葉の響きが好きなのはもちろんの事、たまごが出てくるページもお気に入り。
この絵本を読んでからは、料理で卵を割る時、息子がキッチンに飛んできます(笑)。上手に割れないけれど、その様子は微笑ましいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あ、いた!  投稿日:2006/03/09
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
子供のお気に入りの絵本の一冊です。
ページをめくるたびに自分で「どこ〜?」と言っては「あ、いた!」と指差して満足そうにニコニコしています。
そして、たまにわざと間違えて、大人をからかっているのかな?という面白い事もしてくれます。
また、きんぎょ以外にも色々なものが描かれているので、それを一所懸命覚えるという楽しみもあるようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はじめてのえほん  投稿日:2006/03/09
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
私自身が谷川俊太郎さんが好きなこともあって、子供に初めて買った絵本です。
1歳半頃には、次のページをめくる前に自分で言ってしまうほどのお気に入りになりました。
また、「もこ」「ぱちん」など、言葉が少なめなので、逆に読み手によってだいぶ印象が変わる本です。
絵本も大きくて、小さい子でもめくりやすいので、はじめての絵本として満足です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物を覚えました。  投稿日:2006/03/09
いいおかお
いいおかお 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
「いないいないばあ」と一緒に、保育士の姉からプレゼントされた絵本です。
この絵本で、登場してくる動物の名前や鳴き声を覚えました。
そして絵本と一緒に「いいおかお」をして大人までほのぼの気分にさせてくれます。
最後の「おいしいはどーこ?」の所では、ビスケットを指差してみたり、みんなの笑顔を指差してみたり。
最近は実家のミニチュアダックスに、犬のページを開いて見せて「いっしょ」と話しかけています。
もう少し大きくなったら自分で読む練習にもなりそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あかちゃんのえほんといえば!  投稿日:2006/03/09
いないいないばあ
いないいないばあ 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
保育士の姉からのプレゼントです。
私自身も友達によくプレゼントしていたので、とても嬉しかったのを覚えています。
絵本自体も、シンプルな言葉、シンプルな絵、そして赤ちゃんの大好きな「いないいないばあ」遊びと、きっとどの赤ちゃんも大好きな一冊になるのでは?
そして、いないいないばあをして笑った赤ちゃんを見ると、読んでいる大人も思わず笑顔になってしまいますよ。
参考になりました。 0人

37件中 31 〜 37件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット