なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

ユズミカンさんの公開ページ

ユズミカンさんのプロフィール

その他の方・20代・福岡県

ユズミカンさんの声

25件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい くまと人間  投稿日:2006/06/08
くまのビーディーくん
くまのビーディーくん 作・絵: ドン・フリーマン
訳: 松岡 享子

出版社: 偕成社
白黒で版画チック。くまが何が足りないかを探し回る姿が可愛い。ストーリーも、盛り上がりがあって楽しんで読める。そして、くまと人間がお互いを思いあう気持ち・仲のよさがとても伝わる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さいながらも勇ましい  投稿日:2006/06/08
いっすんぼうし
いっすんぼうし 作: 石井 桃子
絵: 秋野 不矩

出版社: 福音館書店
いっすんぼうしの小ささが、人の手との対比でとても強く伝わる。小さくても自分の力で、旅や行動をしている姿が勇ましい。そして、行動することの大切さを教えている。絵柄は、色んな色が使われていて華やか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 協力  投稿日:2006/06/08
もぐらとずぼん
もぐらとずぼん 作: エドアルド・ペチシカ
絵: ズデネック・ミレル
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
アニメチックな絵で、映像みたい。絵が大小さまざまに描かれている。文より絵の面が多く、考えずに読める。「あまのくき」からズボンを作るところが、ファンタジーで面白い。皆で協力して作り上げる点が良いテーマだと思う。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一緒に雪体験  投稿日:2006/06/08
ゆきのひ
ゆきのひ 作・絵: エズラ・ジャック・キーツ
訳: 木島 始

出版社: 偕成社
雪の感じがとても出ている。雪の日の遊び方・雪の日にしか出来ないこともあると分かる。一緒に楽しい一時を味わえる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くるまっておもしろい。  投稿日:2006/06/08
じどうしゃ
じどうしゃ 作・絵: 寺島 竜一
出版社: 福音館書店
色んな車が出てるので、話題が広がる。文がない分、今何をしていて、何を考えているのだろうと思ってしまう。色んなアングルから描かれているので、詳しく、見ているだけでも楽しめる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 無邪気なこざる  投稿日:2006/06/04
ひとまねこざる
ひとまねこざる 作・絵: H.A.レイ
訳: 光吉 夏弥

出版社: 岩波書店
ジョージが人間の子供のように見えて、面白く、いたずらも憎めない。また、ジョージの自由さも心を和ませる。子供の「やってみたい」「しりたい」を十分に表現していて面白い作品。大人もとても引き込まれる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うさこちゃんの誕生日  投稿日:2006/06/04
ちいさなうさこちゃん
ちいさなうさこちゃん 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
家族構成がしっかりでているので、ミッフィーを知らなくても楽しめる。バックカラーがビビットカラーなので、絵に華やかさが出ている。ミッフィーというキャラクターは知っていたが、誕生した話は知らなかったので、とても楽しく読めた。暖かく心に残る内容だ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい理科  投稿日:2006/06/04
しずくのぼうけん
しずくのぼうけん 作: マリア・テルリコフスカ
絵: ボフダン・ブテンコ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
小さい頃に読んだ絵本だが、改めて読むとどんどん思い出していって、面白い世界に入っていった。文が手書きなので、ユニーク。しずくが氷になったり、氷柱になったりするので、理科の学習にもなる。絵は素朴だが、しずくの汚れ色がリアルに描かれている。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しいりんごの為に  投稿日:2006/06/04
りんごのき
りんごのき 作: エドアルド・ペチシカ
絵: ヘレナ・ズマトリーコバー
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
絵を囲んでいる四角の枠が、窓みたいだ。家の中からりんごの木を見ているようで楽しい。木にも表情が出ていて、暖かさがでている。りんごを守るために、家族が奮闘している様子が微笑ましい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パンツをはくのって難しい  投稿日:2006/06/04
はけたよはけたよ
はけたよはけたよ 作: 神沢 利子
絵: 西巻 茅子

出版社: 偕成社
キャラクターをピンクで縁取っているので、暖かく明るい印象を受ける。言葉の語尾も「〜よ」なので、優しく読める。子どものパンツのはき方教室という印象を受ける暖かいはなし。
参考になりました。 0人

25件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット