たぬきのひみつ たぬきのひみつ たぬきのひみつの試し読みができます!
作・絵: 加藤 休ミ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
加藤休ミが描くかわいくておいしい?!絵本

王様のクローバーさんの公開ページ

王様のクローバーさんのプロフィール

ママ・20代・埼玉県、女2歳

王様のクローバーさんの声

62件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しくて大好き  投稿日:2008/06/10
復刊傑作幼児絵本シリーズ5 うさぎのにんじん
復刊傑作幼児絵本シリーズ5 うさぎのにんじん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 復刊ドットコム
おいしいにんじんが採れて、食べてみたらあらっ不思議。
体がオレンジ色になってしまいます。

こんな事が本当におきたらおもしろいですよね。
どんな結果が待っているのか、楽しみにして読みました。
娘を一緒に、ゴシゴシこすってみたり・・・。
ほのぼのとしていて、ちゃんとためになる一冊です。

この本と出合って以来、我が家では「食べ終わったらどうするんだっけ?」が合言葉になっています。
簡単な文なので、すぐ覚えて自分でも読めますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大好きな食べ物だからこそ!  投稿日:2008/04/02
おにぎり
おにぎり 作: 平山 英三
絵: 平山 和子

出版社: 福音館書店
とてもかんたんなお話です。
ご飯をぎゅっぎゅと握って、具を入れて、のりを巻いて・・・。
ただそれだけでも、お気に入りなんです。
リアルなイラストに思わず「おにぎり作ろうか!」という気持ちになります。
身近な食べ物、大好きな食べ物だからこそ興味がわくのでしょうね。
一緒に作るふりをしてくれるので、親子で楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寝る前に読んでます  投稿日:2008/04/02
ノンタンおやすみなさい
ノンタンおやすみなさい 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
児童館のお話コーナーで読んでもらって気に入った本です。
寝かしつけに困っていた時だったので、これだ!と思いました。
楽しい時間には寝たくない。
お友達の所に遊びに行っちゃうノンタン。
でも、みんな寝てるし・・・・と子供なりに夜は寝るものなんだと理解してくれたみたいです。
最近は「なんでノンタンは夜出かけて怒られないの?」とか
「うさぎちゃんみたいにいっぱい寝れるベットが欲しい」などとストーリー以外のところが気になるようです。
寝かしつけに困っているママはぜひどうぞ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 親でも分からないもの  投稿日:2008/04/02
やさいのおなか
やさいのおなか 作・絵: きうち かつ
出版社: 福音館書店
特に派手な表紙でもなく、かわいいキャラクターが登場するわけでもありません。
でも、とても惹きつけられる絵本です。
野菜の断面図がクイズ形式で次々出てくるのですが、毎日お料理しているママでも分からないはずです。
いろいろな事に興味を持って深く考える大切さを感じました。
実際、断面図なんてしっかり見たことなんてないですものね。
この絵本を読んでから「この野菜のおなかみせて〜」と野菜を持って来るので、子供もちゃんと考えているのだと思う本に出会いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う タマゴのかくれんぼ  投稿日:2008/04/02
たまごのあかちゃん
たまごのあかちゃん 作: 神沢 利子
絵: 柳生 弦一郎

出版社: 福音館書店
タマゴを割るのが大好きな娘に良いかなと思い、選んだ絵本です。
まずは原色のイラストに惹き付けられたようです。
次々にタマゴが現れ、中からかいじゅうやヘビが次々出てきます。
かくれんぼのように出てくるのが気に入った様子です。
読む時に声色をちょっとづつ変えていくととても喜んでくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きくなっても大好き  投稿日:2008/03/07
きゅっきゅっきゅっ
きゅっきゅっきゅっ 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
優しい絵に惹かれて読んであげた絵本です。
図書館で読んだので最初は10ヶ月くらいだったと思います。
その後は特に借りるわけでも無かったのですが、先日本屋さんで見つけると「あーこれ好き!」と言って持ってきたのです。
「きゅっきゅっきゅだよね?」と・・・覚えていたことにびっくりしました。
それ以来、必ずこの本を持ってきて「読んで」になりました。
娘は「お姉ちゃんだから拭いてあげるの!」とよく真似をします。
内容は簡単なので0歳児からなのでしょうが、2歳になればお姉ちゃんだからこうしてあげると内容を深く理解しますし大きくなっても読み続けられる本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も楽しめる絵本  投稿日:2008/03/07
タビの雑貨屋
タビの雑貨屋 作・絵: 寺田 順三
出版社: 学研
まず何よりイラストがステキです。
古い印刷機で刷られたかのような絵が大好きです。

娘の為に購入したのですが、私もお気に入りの1冊です。
雑貨屋が舞台となり、なかなか売れない犬のヌイグルミにだんだんと愛着を持つのですが、そのうちに売られていってしまう・・・。
2歳児には難しいお話ですが、何度も読んでるうちに気持ちを理解するようになりました。
やっぱり絵本を読む事は大事ですね。
絵本を通して疑似体験をし、自分の事のように悲しんだり喜んだりする娘に「読み続けて良かったな」と思わされます。
あまり子供向けではないのか、複雑な気持ちの移り変わりが丁寧に描かれています。
何度も読んでみて後から染み込んでくる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きな絵本  投稿日:2008/03/07
つまんでごらん
つまんでごらん 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
こーんなにも大好きなのに、もう絶版だそうです。
図書館で借りてきたらすごく気に入ってしまって買ってあげようと思ったらすでに絶版でした。

指を入れる穴が2つと、次々につ「つまんでごらん」とスープだったり、ネジとナットだったり出てきます。
最初は正直「え?これだけ?」と思いました。
でも娘はお気に入りで「ちゅまんでごらん」と何度も繰り返していました。
絵本だけど、絵本じゃない。
おもちゃのように読める絵本です。(うまい表現ができなくてもどかしいのですが)
よく見てみると、ネジのページでは思わず指先に力がこもったり、ヌイグルミの時は優しく持ったり、娘なりの「つまんでごらん」があることに気付きやっぱり五味太郎さんはすごいなと感心しました。
いつか再出版されることがあればうちの本棚に並べたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お友達を大切にする気持ちを・・  投稿日:2008/02/26
そらまめくんのベッド
そらまめくんのベッド 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
評価が良く、以前から気になっていた本でした。
3歳前の娘には難しいのかなと思っていたのですが、じっと聞き入ってくれました。
お友達に物が貸せない時期なので、ここから学んでくれたらと思うのですが、まだそこには至ってないようです。
イラストが色鉛筆で塗ったような優しい色合いでお気に入りのようです。
我が家では寝る前の絵本にしています。
「そらまめちゃんたちも寝たから寝よう!」と言うと寝てくれるので・・・。
他にもシリーズがあるようなので、ぜひ読んであげようと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イラストレーターならではの挿絵  投稿日:2008/01/22
タビのゆうびんやさん
タビのゆうびんやさん 作・絵: 寺田 順三
出版社: 学研
寺田順三さんのイラストが好きで購入した絵本です。
簡単な仕掛け絵本になっているのですが、めくるたびに喜んでくれます。
この本を読んでから、郵便物が気になるようになり
「はーい郵便ですよ、どうぞ」という遊びが増えました。
郵便屋さんという身近な設定もよいです。

寺田順三さんのイラストは街中でもよく見かけますが、絵本にはまた違った良さがありますよ。
参考になりました。 0人

62件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット