オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
しいら☆さん 50代・その他の方

ワタナベさんもオオイシさんも素敵♪
気になる・・・ 下の方に、必ず出てく…

オユマーさんの公開ページ

オユマーさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女6歳 男4歳

オユマーさんの声

122件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい みんなを幸せにする届け物  投稿日:2010/08/22
ゆうびんやさん おねがいね
ゆうびんやさん おねがいね 作: サンドラ・ホーニング
絵: バレリー・ゴルバチョフ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 徳間書店
遠くに住んでいてなかなか会えないおばあちゃんに、素敵なプレゼントを思いついたコブタくん。コブタくんの天真爛漫さも素敵ですが、その届け物を無事におばあちゃんにリレーする大人たちもみな粋だなあと、嬉しくなってしまいました。
みんながニコニコ笑顔の幸せな気分になれる届け物なんてそう滅多にないし、読んでいる私たちまで心が温かくなったり、和んだりして、いい絵本だなあと思わずつぶやいてしまいました。
最後のページ、文章はないけれど、コブタくんの顔でちゃんと素敵な返事が届いたことが分かって、子供たちもクスッと笑ってしまいました。
素敵なおばあちゃんと孫にバンザイ!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい つながり  投稿日:2010/08/16
山に木を植えました
山に木を植えました 作: スギヤマ カナヨ
監修: 畠山 重篤

出版社: 講談社
食物連鎖、あるいは自然環境を分かりやすく学ぶのになかなかよい絵本です。
フルボ酸鉄とか汽水域とか私自身にも難しい言葉もあり、この内容を本当に理解できるのは小学生にならないと無理かなとは思いますが、図鑑のように眺めるだけでも楽しいし、ページめくりに工夫もあって、幼稚園児でも楽しめる絵本です。
また、表紙裏にすごろくもついていて、お得な気分。このすごろくが遊べるように、と娘は何度も内容を理解しようと読んでいました。
一瞬、外国の方が書いた絵本なのかと思ったりもしたんですが、日本人なんですね。センスが良いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友達っていいな  投稿日:2010/07/19
まいにちがたんじょうび
まいにちがたんじょうび 作・絵: ジェイン・ヒッセイ
訳: ちば みか

出版社: 偕成社
ぬいぐるみが主人公お絵本で、シリーズになっています。
ひとりぼっちだったラフが、知り合ったみんなに今まで生きてきた年の数だけ誕生パーティーを祝ってもらい、最後の誕生パーティーでは、これ以上ない素敵なプレゼントをもらいます。
友達っていいな、仲間っていいな、と思える絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夢の世界へ入る前に  投稿日:2010/07/19
ちっちゃくたってつよいんだ!
ちっちゃくたってつよいんだ! 作: マラ・バーグマン
絵: ニック・マランド
訳: 大澤 晶

出版社: ほるぷ出版
絵がとってもかわいらしくて、ほのぼのとした雰囲気と幻想的な内容の話に、思わずほほえんでしまう、そんな絵本でした。
ちょっぴり「かいじゅうたちのいるところ」を思い出させる内容で、ただこの絵本の方が絵がかわいらしいので、こわがりの男の子向きかな?と思いました。
どんな冒険があっても、最後はパパとママの腕の中、日常生活もきっと同じで、毎日いろんな体験をして、時にイヤなことやツラいことがあっても、パパとママが温かく包み込んでくれれば、また翌日は元気に船出できるんだろうな、と思えるような絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいくないけどかわいいんだよね  投稿日:2010/07/19
ぼくのかわいくないいもうと
ぼくのかわいくないいもうと 作・絵: 浜田 桂子
出版社: ポプラ社
年が近い兄弟の上の子の悩みってこんな感じなのでしょうね。
下の子は天真爛漫でひたすらお兄ちゃんが大好きだからとっている行動だけど、お兄ちゃんの困惑ぶり、よく分かります。ウザいな、なんて思いつつも、それがなくなると妙に寂しくて、で、思いもしない行動に出てしまう、そんなお兄ちゃんがかわいいです。
ぼくのかわいくないいもうと、と言いながらぼくもかわいい、いもうともかわいい、とっても素敵な兄弟です。
絵本の中の絵本は「ぼくのかわいいいもうと」になっていったりして、クスッと笑えました。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 気持ちよく分かる  投稿日:2010/07/19
わたしのぼうし
わたしのぼうし 作・絵: さのようこ
出版社: ポプラ社
ちょっとぐらい古くても、ちょっとぐらい汚れていたりしても、大事な物はかけがえない。
ちょっとしたアクシデントで帽子をなくしてしまった、私。落ち込む気持ち、よく分かる。いくら新しいものを買ってもらっても未練が残るその気持ち、よく分かる。
子供たちには自分の物に対してこれぐらいの愛着をもってほしいなと、うらやましくさえ思ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ズボンの用途がいっぱい!  投稿日:2010/07/19
だいじなだいじなあかいズボン
だいじなだいじなあかいズボン 作・絵: ジェイン・ヒッセイ
訳: ちば みか

出版社: 偕成社
「まいにちがたんじょうび」を読んで、ほのぼのとした絵本の雰囲気が気に入り、またシリーズになっているので借りてみました。
ある朝ちびくまが起きると赤いズボンがなくなっていて、その赤いズボンを探しに行くたびにズボンはいろんな物に変身していて、最後には!!!
微笑ましい仲間たちとのやりとりがとてもかわいいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 確かになかよしだ(笑)  投稿日:2010/07/19
なかよし 新装版
なかよし 新装版 作・絵: さとう わきこ
出版社: PHP研究所
いくらけんかしたって、やっぱり仲良しなのね、いぬとねこ(笑)

仲良く遊んでいたはずが、いつのまにかケンカになっていたり、
ケンカしてプンプンしていたはずなのに、いつのまにか笑い合っていたり、
兄弟もこんな感じですね。

それを見守るお月様の表情がとっても素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う にやっとなります  投稿日:2010/07/19
どんなきぶん?
どんなきぶん? 作: サクストン・フレイマン ジュースト・エルファーズ
絵: サクストン・フレイマン ジュースト・エルファーズ
訳: アーサー・ビナード

出版社: 福音館書店
子供がこれこれ、と言って持ってきた本です。
ストーリーを楽しむというより、見て楽しむ本です。
果物や野菜たちの表情をどうとらえるか、
大人と子供でも感性が違うと思うのですが、
これって外国の人らしいかも、
みたいな表情とセリフもあったりして、
どんなきぶん?
の答えはやはり一つではないということなんでしょうね。
子供の方が楽しんで眺められる絵本(写真本)かもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 奇想天外!  投稿日:2010/07/19
せんたくかあちゃん
せんたくかあちゃん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
「くもりのちはれせんたくかあちゃん」は読んだことがあって、面白かった印象があり、こちらも借りてみましたが、私も子供たちも、こちらに一票!断然笑えました。
ごうかいなかあちゃんにかかると、かみなりさまも、あらら全然怖くない、どころか、かわいらしいかみなりさまになってしまってまあ、という感じです。
干された洗濯物の中には思わず、え、こんなものものあるよ、と宝探しみたいに楽しめます。
参考になりました。 0人

122件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

出版社おすすめ

  • おやさいどうぞ
    おやさいどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人気しかけ絵本第2弾・テーマは野菜★おやさいの皮をむいて切って・・・「はいどうぞ」!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット