貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

えくれーるさんの公開ページ

えくれーるさんのプロフィール

ママ・50代・宮城県、男の子12歳

自己紹介
落ち着きがなく、じっと座っていられなかった息子。
読み聞かせに通ううちに興味を持ち始め、今では図書館通いが楽しみのひとつに。
2歳半から毎日寝る前に読み聞かせ。
最初は何度も読まされて、布団入ってから2時間なんて事も!
最近は、色々なストーリの本を読んであげられるのが最高の幸せです!

えくれーるさんの声

116件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 目がはなせない二人  掲載日:2011/9/30
リサとガスパールのたいくつないちにち
リサとガスパールのたいくつないちにち 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
シリーズの中でも特に大好きで、
繰り返し何度も読んでいます。

春休み、おばあちゃんの家に遊びに来た二人。
雨ばかりでたいくつしてきちゃった。

家の中でパワー炸裂。
色々やってくれちゃう!
おばあちゃんあわてる
ママおこる、パパあきれる

お話だと笑えるけど、
息子も似たようなタイプなので複雑です。
だから息子のお気に入り。
いたずらしておいて、ばれそうになったら
足がガクガクふるえるリサが好き!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 好きそう!  掲載日:2010/11/28
ぼくのかえりみち
ぼくのかえりみち 作・絵: ひがし ちから
出版社: BL出版
学校の帰り道、道路の白線の上だけを通る事しにしたそらくん。
やるやる、いつもやってる、
と思い選びました。

歩道のブロックの模様の上で、広場の中で、
ショッピングモールの通路の模様の上で、やってます。
つい注意しちゃうけど、楽しいですよね、
自分もしてたし。


予想以上に面白かったです。
途中のハプニングにどうするのか、興味津々。

線の周りは深〜い深〜い谷なのです。
想像すると、ドキドキ。
無事にお家までたどり着けたかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すてき・すてき  掲載日:2010/11/28
えんふねにのって
えんふねにのって 作: ひがし ちから
出版社: ビリケン出版
えんふねって何?と思った親
えんふねってえんバスじゃなくてふねなんじゃない?
とすぐわかった息子。
幼稚園に船で通うなんてステキ!
どんな景色が見えるかな、
どんな事があるのかな?

素敵なハプニングにビックリ!
うらやまし〜い。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きなシリーズ  掲載日:2010/11/28
メリークリスマスおおかみさん
メリークリスマスおおかみさん 作・絵: 宮西 達也
出版社: 女子パウロ会
息子は宮西達也さんのおおかみとぶたシリーズが大好き!
今回も表紙の絵を見てワクワク
楽しそうな仔豚たちを木の陰からのぞくおおかみさん
どんなおはなしなんだろう?

ツリーやリースを飾りながら楽しく歌うこぶたさん
そこにおおかみさんが!
しかし、おおかみさんは自分がこわしたツリーにつまずいて
おおけがをしてしまいます。
ここで、悪い事するから、罰が当たった!と真剣な息子

そんなおおかみを優しく看病するこぶたさん
自分を食べようとした上に、
ツリーを壊した相手にやさしくするなんて!
できない…大人にもなかなか出来ません。
そんな豚さんにおこった不思議な出来事とは。

愛の始まりがクリスマスという言葉でしめくくられるなんて!
じ〜ん
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごい!  掲載日:2010/11/28
クリスマスのふしぎなはこ
クリスマスのふしぎなはこ 作: 長谷川 摂子
絵: 斉藤俊行

出版社: 福音館書店
あれっ、なんだろう、このはこ。あけてみよう。
から始まるステキなお話。

サンタさんの生活がのぞける箱なんて、びっくり。
絵もきれいで優しくて、ほのぼの、じんわ〜り、
幸せな気分になります。

冬の寝る前の読み聞かせにぴったりの1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣かせてくれます  掲載日:2010/10/19
シニガミさん
シニガミさん 作・絵: 宮西 達也
出版社: えほんの杜
親子で宮西達也さんのファンです。
待ってました!って感じの宮西ワールド全開のお話。

病気の子豚を捕まえたオオカミ。このままでは食べれません。
元気にしてからいただきましょう!と看病を始めました。
そんな二匹を見守る?シニガミさん。
姿を変えられるシニガミは、冷めた目でページのどこかからじっと見ています。

ハラハラドキドキ!
いつもはおしゃべりしながら聞いてる息子も無言。
幼稚園入園から半年。人間関係勉強真っ最中の息子。
親があれこれ言うより、絵本の力は大きいです。
やさしさとは何か、学んでくれたかな?
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい よくばりさん  掲載日:2010/6/6
11ぴきのねことあほうどり
11ぴきのねことあほうどり 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
よくばりさんにはいいことないよ!
という昔話によくあるパターンのお話し。
でも、笑える!

なぜコロッケなのか?なぜあほうどりなのか?
分からないけど面白い。

11匹のねこが始めたコロッケやさん
売れ残りのコロッケをあげる代わりに、
もっと良い物を手に入れよう!
でも、なかなか思い通りにはなりません…。
とほほ のおはなし。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 上には上が…  掲載日:2010/6/4
11ぴきのねことへんなねこ
11ぴきのねことへんなねこ 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
いつもマイペースな11ぴきのねこ
勝手気ままにやりたい放題ですが、
そのペースを乱す一枚上手のねこ登場!

不思議な魅力の不思議な奴
その正体は?
不思議なはずです。

でも心は通い会うんですね〜。

星いっぱいの絵もお気に入りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちゃっかり〜  掲載日:2010/6/3
11ぴきのねことぶた
11ぴきのねことぶた 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
馬場のぼるさんの作品にはまっています。
このとぼけた表情と話のテンポが良いみたい。

特にこの話の11ぴきのねこは、ちゃっかり。
でもなんかにくめない。
こういうマイペースさを認めてくれる社会だったら良いけど、
現実はこうはいかない、
だから惹かれるのかな?

最後には天罰が?
神様は見てるよ!と教えています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 題名が??  掲載日:2010/6/3
11ぴきのねこふくろのなか
11ぴきのねこふくろのなか 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
なんで ふくろのなか と思ったら、
人間やめろと言われてもやめられない、
気になる事、やりたいことをやるんだ!
を続けていたらこうなりますよ、のお話。

もうまさに、息子がこれ!
最近のお子さんは皆聞きわけが良いので、目立ちます…。
怒ると逆効果。
でも、この本読んだら、あれ?いいじゃん!分かってる!
だって、イタズラ好きだけど、こわがりなんだもん。
こういう話は効果てきめん!
参考になりました。 0人

116件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット