まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

うさぎのはな☆さんの公開ページ

うさぎのはな☆さんのプロフィール

ママ・40代・茨城県、男の子11歳

うさぎのはな☆さんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 優しい気持ちになる  投稿日:2013/05/11
わたしはあなたをあいしています
わたしはあなたをあいしています 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
恐竜が好きな息子に読んであげました。


仲良しのふりをして、タペヤラに裏切られたティラノサウルス。

お腹がすいて倒れてしまったティラノサウルスに、ホマロケファレは

食べ物を何度も運んできてくれました。

そんな優しさに触れたティラノサウルスは、肉食でありながらホマロケ

ファレを襲うことなく、運んでくれた苦手な赤い実を「うまい、うまい

、うまい」と食べてあげました。

優しく愛してくれたことで、相手を思いやる気持ちが持てるようになっ

たティラノサウルス。

結末はちょっと悲しいけれど、優しい気持ちになれる本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 昔を思い出す  投稿日:2013/05/11
がちゃがちゃ
がちゃがちゃ 作・絵: 伊藤 秀男
出版社: 福音館書店
夜、草がうっ蒼と生えている土手や神社で、がちゃがちゃを探す親子。

目当てのがちゃがちゃはなかなか見つからず、近所の人たちにどこにい

るか教えてもらいながら、やっと捕まえることができました。

今はあまり聞かれなくなった虫の声。

小さい頃に聞いた虫の声や、草の匂いを思い出す一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今度こそ、おとうさん??  投稿日:2011/01/31
とうさんまいご
とうさんまいご 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
五味太郎さんの本が好きで、面白そうだなあと思って息子に読んでみたら、「もう一回、もう一回!」と、何度も読んでほしいとせがまれ、この本を購入しました。

お父さんと似ている背広、帽子、くつ、ネクタイを見つけては、迷子になったお父さんじゃないかと思ってページをめくり、お父さんじゃなかった時「あれ〜ちがった〜」と、息子はなんだか嬉しそうな顔をします。
息子には、何度読み返しても飽きない面白さがあるようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 当てたらピンポン!  投稿日:2011/01/31
かくしたの だあれ
かくしたの だあれ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 文化出版局
もうすぐ3歳になる息子に読みました。
最初は簡単に「あった!」と答えていたけれど、後半のえんぴつやトランプはちょっと難しかったみたいで、真剣に探してました(笑)
当てた時は「ピンポン!」と大げさに言うと、息子は喜びます。

もう少し前に読んであげても楽しめたなあと思いますが、物の名前や動物の名前を覚えたり、何匹いるか数えたりして、また違った遊びもできます。

私が五味太郎さんの絵が好きなので、見ているとなんだか癒されます♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一緒に楽しむ本  投稿日:2011/01/31
たべたの だあれ
たべたの だあれ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 文化出版局
「かくしたの だあれ」と一緒に購入し、もうすぐ3歳になる息子に読みました。

1回目は意味がよく分からない様子でしたが、2回目は見つけられるのが嬉しいようで、「あった!」と楽しそうに指をさします。
それでも、サンドイッチはなかなか見つからず、先に正解を言うとちょっとすねたりします(笑)

もう少し小さい頃から読んであげても良かったなあと思いますが、「かくしたの だあれ」と同様で、物の名前や動物の名前を覚えたり、数を数えたりして、遊び方はいろいろ。
一緒に楽しめる本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろんなころころころ  投稿日:2011/01/31
ころころころ
ころころころ 作・絵: 元永 定正
出版社: 福音館書店
いろいろな色の丸が、階段や山道や雲の上をころころころと転がっていきます。

階段を転がる時はリズミカルに。山道の時は、何とか上っているように力を込めて。雲の上はふわふわと転がるように、状況に合わせて読み方を変えた方が、単調に「ころころころ」と読むより、楽しんで聞いてくれているようです。

もうすぐ3歳になる息子に読んであげましたが、1歳ころから楽しめる本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しいリズム♪  投稿日:2011/01/31
ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう
ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
かくれんぼが大好きな息子なので、この本はすぐにお気に入りになりました。
あわの中からちょっと見えるしっぽや手や耳を見て、誰がいるのか想像します。当てると嬉しそ〜な顔をします。

「あわぷくぷくぷく、ぷぷぷぷぷう」とくり返される言葉も、リズミカルで読んでいる私も楽しくなります。息子もこのフレーズが好きで、一緒に「ぷぷぷぷぷう」と言います♪

お風呂が楽しい雰囲気になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最後にやったー!  投稿日:2010/02/22
おおきなかぶ
おおきなかぶ 作: A・トルストイ
絵: 佐藤 忠良
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
2歳になる少し前に、この本を読みました。
すぐにページをめくってしまう息子ですが、最後までじーっと動かずに話を聞いています。
そして最後の「うんとこしょ どっこいしょ」は一緒に力を込めて、かぶが抜けると一緒に喜びます。
抜ける前と抜けた後の絵の表情が違うところや、みんなで喜んでいる様子が大好きなようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お気に入りの本  投稿日:2010/02/17
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
もうすぐ2歳になる息子に読んであげました。
いつもはページをペラペラめくってしまい、お話を聞いてくれないことが多いのですが、この本はちゃんと最初から最後まで聞いてくれます。
何度も読んでほしいとせがまれました。

「もうーいーかい」「まーだだよ」のフレーズが好きで、かくれんぼする時も「んーんーかい」「んーんんよ」と楽しそうに言いながらかくれんぼするようになりになりました。
かくれているうずらちゃんとひよこちゃんを見つけて、「あ!!」と指さしていつも嬉しい顔をします♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たのしい歌と個性的な絵本  投稿日:2010/02/17
えいごのうた
えいごのうた 監修: 渡辺 敦子
指導: 大野 惠美
絵: 今井里砂

出版社: 学研
息子が1歳10ヶ月の時に買いました。
リズミカルで楽しくなる歌が多く、歌好きの息子は大喜び。
歌に合わせて踊ってます。
とくに、「Head Shoulders Knees And Toes」は、一緒に口ずさみながら何度も繰り返し聴いてます。(ちゃんとした言葉にはなってませんが)

絵本は、個性的でカラフルな絵と、日本語訳の付いた歌詞と、楽譜が載っていて、英語が苦手な私も一緒に歌えます。
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット