ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
北の魔女ロウヒ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

北の魔女ロウヒ

  • 絵本
作: トニ・デ・ゲレツ
絵: バーバラ・クーニー
訳: さくま ゆみこ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「北の魔女ロウヒ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784751519943

小学校低学年〜高学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

月と太陽をひとりじめしようとしたイタズラ者の魔女ロウヒ。フィンランドの叙事詩カレワラに触発されたクーニーが贈る美しい絵本。

ベストレビュー

魔女ロウヒにすっかり魅せられました!!

ひとまず私が黙読して、あんまりよかったので、すぐ下の子に声をかけ「聞いて、聞いて」と、読み始めました。
二人してサイコーに盛り上がりましたよ。
うちの下の子は、ファンタジーの中でも魔法(魔女)が出てくる物語が特に好きですから!
そこに住む人たちにとっては大変迷惑な悪さですが、孤独な魔女にとっては可愛いいたずらだったのではないでしょうか?

原作はトニ・デ・ゲレツですが、この「ロウヒ」の世界を確かな形にしてくれた(絵本を描いた)のは、バーバラ・クーニーです。

ページを捲って1ページ目。
暖かい暖炉のある部屋で起きたての、長い白髪の頭の魔女・ロウヒ。
今日は何をしようかと考えて、このセリフをつぶやきます。
「いやいや、どれもあたりまえで、つまらない。
 なにしろ、わたしは魔女なんだからね」
もう、この1ページ目ですっかり魅せられてしまいました!

物語自体は長く感じられますが、意外と簡潔に終わっている話ですし、
文字が比較的大きなロゴで撃たれているので読み語りに使っても、読みやすいと思います。
小学校の高学年くらいから、特にお薦めです。

魔女ロウヒの孤独感や哀愁、かわいらしさを堪能してください!!
宮崎アニメが好きな方は結構、感じるものがあるかと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

バーバラ・クーニーさんのその他の作品

クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ / ちいさな曲芸師 バーナビー

さくま ゆみこさんのその他の作品

バンブルアーディ / ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン / 英日CD付 英語絵本 おおきなのはら Over in the MEADOW / おばあちゃんからライオンをかくすには



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

北の魔女ロウヒ

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.87

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット