宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
きつねのよめいり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねのよめいり

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年
ISBN: 9784834001228

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

日照り雨の時はきつねの嫁入りがある……。そのとき、おじいさんが見たのは、かわいがって育てたきつねの花嫁姿でした。おじいさんときつねの心の交流を描いた心に残る絵本です。

ベストレビュー

ステキな絵です。

晴れているときに、急に雨がザーッと降ってきてすぐやんでしまうことを「きつねのよめいり」と、言うのは、全国的なんでしょうか?私の住んでいる地域だけなのでしょうか?
でも、この本は、雨なんて、全く関係ないお話でした。

瀬川康男さんの絵は、なんだか、パステルカラーが、残像で残るような、ステキな絵です。

きつねが大きくなって、ある日いなくなってしまいます。きつねのお母さんが、お料理の折りつめを持って「こーん」といって、行ってしまいます。
その折つめをみて、「あーお嫁に行くような年になったのか」と、おじいさんはしみじみと思うのでした・・・

娘を持つお父さんが読んだら、感じる所があるのではないのでしょうか?

意外と、淡々とお話は進んでいくのですが、絵が好きなので☆4つです。
(はらぺこむしむしさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海

瀬川 康男さんのその他の作品

ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / ひな / かぜのかみとこども / 瀬川康男画集 いきとし いけるもの / こしおれすずめ / Smiley Face いいおかお (英語版)



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

きつねのよめいり

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット