ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
もらったものは もらったもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もらったものは もらったもの

  • 絵本
作・絵: ステファニー・ブレイク
訳: ふしみみさを
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「もらったものは もらったもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784569687520

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

うさぎの子シモンは、エドモンと車のおもちゃで遊びます。エドモンの車がほしくなったシモンは自分の車と換えてもらったのですが……。

ベストレビュー

我が子との信頼関係の下、客観的に読めたら★5つ。

「うんちっち」「おおかみだー」の作者の本。
このシリーズはどれも息子のお気に入りで、
4〜5歳のころ、繰り返し繰り返し読まされました。
「うんちっち」「おおかみだー」はシンプルなストーリーで、
子どもにもわかりやすい。
でも、この本はちょっとひねりがあって、
低年齢の子には難しいかもしれません。

かなりブラックユーモアなんです。
おもちゃの取りあいでそこまでするかという内容で、
同じことを自分の子どもやお友達がやりあったとしたらちょっと不快。
子どもたちがケンカ腰なので、口調も乱暴です。
だからお母さん方の評判はいまいちなようです。

でも、子どもにはウケました。
もちろん我が子がこの子たちと同じことなどしないという信頼関係があるからこそ読める本です。
他人のおもちゃをほしくなった子が、
うまいこと手に入れるために、悪知恵を働かせます。
私たち母子は、なるほど、こいつらやるなあ、と感心してしまいました。
こんな悪知恵に関心しながら、客観的に読めたら、
星5つの本です。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ステファニー・ブレイクさんのその他の作品

あっ、オオカミだ! / うんちっち / いじわるシャルル / オオカミだー! / フランチェスカ

ふしみ みさをさんのその他の作品

こねこのプーフー (4) たからさがし / まめまめくん / こねこのプーフー (3) ことりつかいになる / たんじょうびは かそうパーティー! / こねこのプーフー (1) いち、に、さん! / こねこのプーフー (2) かけっこいっとうしょう



風変りで美しい表現方法がたくさん!

もらったものは もらったもの

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.53

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット