大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
あめだまをたべたライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あめだまをたべたライオン

作: 今江 祥智
絵: 和田 誠
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「あめだまをたべたライオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年01月
ISBN: 9784577033197

5歳から

出版社からの紹介

一吠えでどんな動物も震え上がってしまうような声の持ち主のライオン。ある日、空から落ちてきた黄色い玉を飲み込んでからライオンの生活が一転し…。ライオンと、ライオンを取り巻く動物をユーモラスに描いた作品。

ベストレビュー

新しい生き方

ある朝、ライオンのルルの前に、空からなにか光るものがぽたんと落ちてきました。食いしん坊のルルはそれを一口でペロンと飲み込んでしまいました。
ルルは、ひとほえで、どんな動物でも震えあがって逃げられなくなるのですが、その時出た声は、なんとニイ…でした。

変わってしまった声で、穴暮らしを始めたルルでしたが、新しい出会いのなかで、また違う生活が始まりました。変わってしまっても、ちゃんと生きていくことができると気づいたのは、そのことを認めてくれる存在があったからだと思います。
画面いっぱいに描かれたルルの姿がなんとも微笑ましく、そして、うさぎの行動の健気さ、ほのぼのとした絵に、慰められたような気がしました。
既成観念や、無駄な予備知識を取り払うと、もっと生き易くなるのかもしれません。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

今江 祥智さんのその他の作品

あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / ぼんぼん / 優しさごっこ / ごきげんなライオン ともだちはくまくん

和田 誠さんのその他の作品

いろは いろいろ / 復刊絵本セレクション 1 みつばち ぴい / 和田誠 私家版絵本ボックス / もりのくまとテディベア / カドカワ学芸児童名作 ここから どこかへ / 星新一YAセレクション(10) うらめしや



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

あめだまをたべたライオン

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット