新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ロッタちゃんとクリスマスツリー

ロッタちゃんとクリスマスツリー

  • 絵本
作: アストリッド・リンドグレーン
絵: ヴィークランド
訳: 山室 静
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1979年12月
ISBN: 9784033270500

出版社のおすすめ年齢:3・4歳〜

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

 明日は楽しいクリスマスイブ。でもロッタちゃんの家では、まだクリスマスツリーにするもみの木が手に入りません。今年の冬は大雪で、森からの切り出しがあまりできなかったというのです。泣き悲しむお兄ちゃんたちを残して、ロッタちゃんは雪の町に飛び出して行きました。「すこしは、ゆかいに やらなくちゃ」って言いながら……。

みどころ

 ロッタちゃんシリーズのクリスマス絵本。行動的な女の子ロッタちゃんの奮闘ぶりが描かれたほほ笑ましいお話です。子供らしい発想、行動は幼児心理を熟知した作者ならではの描写ですね。ヨナスお兄ちゃんとのやり取りで見せる勝気さや、病気のベルイおばさんのお手伝いをする際に見せる優しさが、ロッタちゃんの話し方からたっぷり伝わってきます。イラストは幼い女の子のやんちゃぶりを生き生きと描き出し、北国の子供たちの日々を紹介してくれます。生活の中にスキーやそりが密着していて楽しそうですよ。
 作品では「やろうと思えば、何だってできるのよ」と冒頭で話すロッタちゃんの前向きさが素敵な結末を招きます。くよくよせず、前向きに進むことって大切!とロッタちゃんが教えてくれるかのようです。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

ロッタの家ではツリーにするモミの木が手に入らず、兄さんたちは悲しんでいるばかり。ロッタは雪のおもてにとび出して行き大奮闘。

ベストレビュー

小さいけれど頼もしい

「あたい、やろうとさえすれば、なんだって できるのよ。」というのが口癖のロッタちゃん。小さいけれどとてもできない頼もしい女の子です。

子どもの頃「長靴下のピッピ」が大好きでした。女の子がとても強いこと、それは女の子にとって憧れでもあります。

お兄ちゃんにいじわるなことを言われても、めげるどころか言い返すところが、小さい子どもにとってはとても胸がすく場面だと思います。息子もロッタちゃんに年が近いせいか、長い話なのに、とても興味を持って聞いていました。

ゴミ袋とパンの袋を持ってゴミ捨てに、間違えないかとハラハラする場面もあって、読み物としても楽しませてくれます。

お父さんが苦労しても見つからなかったもみの木を、ロッタちゃんがなぜか調達できてしまいます。

調達方法がおもしろいので、ぜひ読んでみてください。やろうと思ったことは何でもやってしまう行動派の女の子。読むと元気が出てくる本だと思います。クリスマスのお話ですが、季節を問わず楽しめる内容だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,850円
3,850円
770円
1,650円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

715円
550円
1,100円
1,210円

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    全席ファーストクラスのハトの飛行機でクリスマスパーティーへ!!プレゼントにおすすめの乗りもの絵本です



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

ロッタちゃんとクリスマスツリー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら