雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おべんとうのえんそく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おべんとうのえんそく

  • 絵本
作・絵: 矢玉 四郎
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おべんとうのえんそく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784876925650

200mm×215mm 24ページ

出版社からの紹介

おにぎりたちが遠足に行くと、くいしんぼうの子どもたちの遠足に出あいました。大変。

ベストレビュー

ちょっと乱暴だけど。。

おべんとうがお弁当を持って
遠足に出かけ、
同じく遠足に来ている
こどもたちに出会う。

こどもたちが
初対面でであった
おべんとうたちに口々に言うセリフは
乱暴な言い方でした。
せんせいも
「ひろった おべんとうなんか。。」という表現。

「ごめんなさい」ということを言ってから
仲良くなったというふうにして欲しかったな。。
最後はとても楽しそうな絵なので。
よけい そんなふうに感じました。

表情豊かで
感情が表れているような絵が
とてもわかりやすいので
ストレートに伝わる気がしました。

それでも
矢玉四郎さんの作品は
不思議な魅力があって
よくわからないけど
また読みたくなってしまうのです。
(koyokaさん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


矢玉 四郎さんのその他の作品

はれたまたまこぶた / はれときどきあまのじゃく / なりたいじんじゃ / はれときどきアハハ / ぶらんこぶーちゃん / このかおだ〜れ?



『くろくまくんとしろくまくん』 小林ゆきこさんインタビュー

おべんとうのえんそく

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット