もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
山んばあさんとむじな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

山んばあさんとむじな

  • 絵本
作・絵: いとう じゅんいち
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784198605957

5歳から

出版社からの紹介

山でおそくまで遊んでいると、むじなが化けて出るぞ、と村一番の長生きの山んばあさんに言われても、いたずら坊主どもはあいかわらず悪さをしてばかり。そんなある日、本当に「くししししし…」と、むじなが化けて出て…?実力派の画家が描く迫力満点のおばけがいっぱい!!

ベストレビュー

教育的指導のむじな

そろそろこういうお話が、楽しくなる季節になってきました。
表紙のおどろおどろしい絵にくらべ、内容はそれほど、怖いお話ではありません。
むしろ、ここに出てくるむじなは、子供達にも、森(や、森の生き物たち)にも、以外と優しい妖怪(?)なのかもしれません。
というのも、ここでむじなに化かされた4人の男の子は、村ではとてもわんぱくな子供達で、暗くなるまで森で動物たちを虐めたりして遊んでいたんです。
暗くなるまで、森で遊んでいることも危険だし、森の動物たちを虐めるなんて、もってのほか。
それを普通に注意してもなかなか止めないもんだから、山んばあさんは、むじなになり、子供達を化かして、注意を促したのです。
う〜ん、教育的指導って、やつですね。

社会が色々と荒れ、子供達が起こす事件も増加している今、こいうむじなが、現実の世界でもいてくれるといいですね。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう じゅんいちさんのその他の作品

海からきたカサゴン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 山んばあさんとむじな

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

山んばあさんとむじな

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット