しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
まめうしのおかあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まめうしのおかあさん

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 絵本ムービーを見る(日本語版)
  • 絵本ムービーを見る(英語版)

プレミアムサービスに登録すると絵本ムービーが見放題!

発行日: 2001年02月
ISBN: 9784569682815

幼年・小学初級向
B5判変型上製

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「まめうし」は、豆粒ぐらいの小さな子牛。大きいお母さんの耳がお気に入りのベットです。そこで、その日あったことをお話します。お母さんにいっぱい遊んでもらったまめうしは言いました。「ぼく、ずっとお母さんと遊んでいたいから、いつまでも小さいままでいられたらいいなあ」。そしてこんな夢を見ます。お母さんも小さくなる夢です。まめうしが秘密の遊び場に案内すると、恐い狼に追いかけられます。「体が大きければお母さんを守ってあげられるのに……」、まめうしが思うと、ムクムクと大きくなって狼を追い払ってしまいます。「これからは、ぼくがお母さんを守ってあげるからね」。ちょうどそこで目の覚めたまめうしは、「すこしは楽チンになるよ」と、お母さんのしっぽを、エイッと持ち上げました。

母と子の愛情たっぷりの、ほほえましい姿をユーモラスな絵とともに描いた、大好評人気シリーズの第6冊目の作品。読み聞かせに最適の楽しい絵本です。

ベストレビュー

おかあさん大好き

 ちいさなちいさな、まめうしくんとおかあさんのお話です。
 おかあさんのしっぽで遊んだり、おかあさんの耳でねむったり、、、。
おかあさんが大好きなまめうしくん。
 おっぱいを飲みながら、眠ってしまうまめうしくんが、ほほえましいなと思いました。

 でも夢のなかでは、あかあさんをしっかり守ってやります。さすが男の子。

 絵本ムービーで見ました。
 やさしいおかあさんと、元気いっぱいのまめうしくんの、ほのぼのするお話でした
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん / ほしいもマン



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

まめうしのおかあさん

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット