もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おれはティラノサウルスだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おれはティラノサウルスだ

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おれはティラノサウルスだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年01月
ISBN: 9784591079256

幼児〜小学初級向
26.5cm x 21.5cm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

むかしむかしおおむかし。まだじょうずにとべないプテラノドンの子がいました。そこへおそろしいティラノサウルスがあらわれて…。

けんぶち絵本の里大賞『おまえうまそうだな』第2弾!

ベストレビュー

産まれて初めて号泣した本

この本を子供に読んであげてる最中は、私は特にすごい本だ感じることもなく、読んであげていたのですが、最後の方になると、息子が急に号泣してしまったので、吃驚して再度読み直してみて、この本の良さに初めて気づかされました。日頃は考えもしなかったけど、幼児もなると、こんなふうに気持ちを感じて泣けるほどに心が成長してるんですね。吃驚しました。息子は悲しい気持ちがうまく表現できないようで、「なんでそんなに泣いてるの?」ときいた私に「わかんない。わかんない。」といいながら嗚咽がとまらず、やっと泣き止んだ後も「なんでティラノザウルスは乱暴なの?」「なんで一緒にお魚食べないの?」と目に涙をにじませていました。この本は図書館で借りたもので、息子は悲しいからもう読まないと言って返してしまいましたが、いつか息子が大人になった時、プレゼントしてあげたい本となりました。
(ニコタネさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮西 達也さんのその他の作品

またまた さんせーい! / かいてみよう カタカナ (2) / ほうちょうさん ききいっぱつ / はじめてのおとうさんはウルトラマン / カエルくんのたんこぶ / ヘンテコシャンプー



家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

おれはティラノサウルスだ

みんなの声(82人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット