貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ポットくんとミミズくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポットくんとミミズくん

  • 絵本
作: 真木 文絵
絵: 石倉 ヒロユキ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784834021851

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

花が大好きな植木鉢のポットくんが、ミミズくんと出会い、友だちになります。子どもたちに身近なミミズの生態や、環境にはたす役割が、ゆかいなストーリーとともに展開する絵本です。

ベストレビュー

科学の絵本としても秀逸

我家で大人気のポットくんシリーズの中で一番最近の作品になります。
一言で言えば、他のポットくんシリーズよりも、科学の絵本としての色彩が濃いということです。

主人公もポットくんというより、ミミズくんの方にスポットが当てられている感じです。
でも、相変わらずポットくんの動きは、最高に楽しめます。
寝ているとことか、ミミズくんとの出会いでの驚く様子なんて人目見ただけでファンになる人も多いと思いますよ。

土の中でのミミズの動きとか役割とかが、こんなにわかり易く説明してあるのですから、小学校の低学年の必読書と言って差し支えないと思います。
絵とストーリーの良さに加えて、科学の要素も盛り沢山なので、子供だけでなく大人の絵本としても十分読むに値する絵本です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

真木 文絵さんのその他の作品

トコトコとこちゃん / オオカミから犬へ! 人と犬がなかよしなわけ / 〈とうもろこしから〉そだてる オムレツ / 〈野菜から〉そだてる カレー / 〈お米から〉そだてる おにぎり / 〈大豆から〉そだてる みそしる

石倉 ヒロユキさんのその他の作品

ばい菌とカラダ / 睡眠とカラダ / うんことカラダ / 栄養とカラダ / 日本の伝統野菜 / 育てて、発見!「ジャガイモ」



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

ポットくんとミミズくん

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.84

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 40人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット