もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
ねえさんといもうと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねえさんといもうと

  • 絵本
作: シャーロット・ゾロトウ
絵: マーサ・アレキサンダー
訳: やがわ すみこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねえさんといもうと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1974年3月15日
ISBN: 9784834004144

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学中学年から
●復刊・限定出版
(すぐに売切れる場合あり)

出版社からの紹介

 あるところに、とても妹思いの優しいお姉さんがいました。遊んでいるときも、おさいほうをしているときも、いつでもお姉さんは妹のめんどうをみてくれます。妹が泣けば泣きやませてもくれます。お姉さんは何でも知っていて、何でもしてくれます。しかし妹は、ある日、ひとりになりたくなりました。「さあ」だの「ほら」だの「こうなさい」だの、いろいろいわれるのにあきたのです。妹は、こっそりうちをしのび出ると、野菊の咲き乱れる原っぱにはいってゆきました・・・・・・。
 姉と妹の、繊細で思いやりあふれるやりとりのうちに、幼い意識の目ざめを新鮮にうたいあげた絵本です。

 作者は二人ともアメリカの女性。ゾロトウは、コモンウィール誌で<子ども時代をのぞく窓を持っている詩的な書き手>と評された絵本作家で、出版社に勤務しながら、これまでに50冊以上もの子どものための本を書き続けてきました。アレキサンダーはジョージア州出身の画家。この絵本では二人の少女の微妙な心の動きを、やわらかな色彩で、やさしく見事に描きだしています。

ベストレビュー

「母と子ども」として読んでしまいました

シャーロット・ゾロトウの本は、静かな中に深いものがあることが多いのですが、私はあまり積極的には読んでいませんでした。
でも、この本は、いろいろな場面でよく目にするので、興味を持ち、読んでみました。

守る者と守られる者。いつかは同等になるし、いつかは逆転することもあります。
そんなことを、この本はとても温かい目で描いていて、優しい空気が流れています。

姉さんと妹のお話ですが、私は、姉さんに母としての自分の姿を、そして妹に我が家の子どもたちの姿を重ねてしまい、胸がきゅんとなってしまいました。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / いっぽ、にほ・・・ / おとうさん / なかなおり / おじいちゃんがだっこしてくれたよ

やがわ すみこさんのその他の作品

クリスマス・イブ 新版 / てんごく / カスペルとぼうや / イソップのお話から / グランドアルバム ぞうのババール3 おうさまババール / グランドアルバム ぞうのババール4 ババールのこどもたち



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

ねえさんといもうと

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット