虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
はろるどのふしぎなぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はろるどのふしぎなぼうけん

  • 絵本
作・絵: クロケット・ジョンソン
訳: 岸田 衿子
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥854 +税

「はろるどのふしぎなぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 絵本ムービーを見る(日本語版)

プレミアムサービスに登録すると絵本ムービーが見放題!

発行日: 1987年3月31日
ISBN: 9784579402441

6〜7歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

はろるどが、クレヨンで線をひっぱると、そこに道路ができ上がります。クレヨン1本でどこへでもいけるはろるどは、子どもたちを魅了します。

ベストレビュー

本当に不思議な冒険だ〜!

ずいぶん前に古本屋さんでGETしたのに、読む機会がなく、本棚に眠っていました〜(苦笑)。

び、びっくりです!
想像以上に、おもしろかった〜♪
バレーの練習で疲れて眠そうだった次女が、途中から、しゃっきり起き、身を乗り出してくるくらい、おもしろかったです☆(読んでる私自身も・・・。)

どう見ても、赤ちゃんに毛が生えたような男の子=はろるどが、かべにシンプルな絵を描いていくのですが・・・いつの間にか、絵の中を冒険してるんです!
その冒険というのが、なんだかとっても不思議で、ユニーク。
遠近法なんか使うから、はろるどが巨人になったり、小人になったり・・・。

今まで、ありそうでなかった表現力?!うまく説明できないのがもどかしいです〜(苦笑)。
ぜひ、皆さんも、この絵本を手に取って、不思議な冒険の世界に行ってみてください♪

どうやったら家へ帰れるか?小石にこしかけて、考え出した答えに、次女も私も大笑い!

子どもにもウケルけど、実はすご〜く哲学的で、大人にも色々考えさせられる不思議な絵本でしたよ〜!
(ぼのさん 40代・ママ 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クロケット・ジョンソンさんのその他の作品

はろるどのクリスマス / にんじんのたね / しあわせの ちいさな たまご / かしこいちいさなさかな / はろるどのABC / はろるどとむらさきのくれよん

岸田 衿子さんのその他の作品

赤毛のアン / ねこどけい / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / みんな にげた / さんぽ だいすき



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

はろるどのふしぎなぼうけん

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット