話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
かみながひめ

かみながひめ

  • 絵本
作: 有吉 佐和子
絵: 秋野 不矩
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1970年
ISBN: 9784591004005

幼児〜小学初級向

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

母の必死のいのりで、かみの毛のはえなかったむすめは美しい黒かみをさずかるのですが・・・。紀の国につたわるお話。

ベストレビュー

聖武天皇のお母さん

日本の昔話というと『かぐやひめ』くらいしかなかなか思い浮かびません。西洋なら『シンデレラ』に『白雪姫』いくらでも思いつくのに。

でも、日本にもすてきなシンデレラストーリーがあるのです。それが、この『かみながひめ』です。
なんといっても、村の海女の娘から天皇の妃となり、聖武天皇を生んだのですから。

紀の国の海辺の村に長い髪の美しい娘が住んでいました。ある日その娘の髪の一本をツバメが都までくわえて、巣をつくりました。
その巣は藤原不等人の屋敷につくられていたのです。
その髪の長く美しいのに感心した不等人は、娘を探させます。

和歌山県の道成寺に伝わるお寺の縁起だそうです。
絵を描いているのが、秋野不矩さん。とても迫力のある素晴らしいものです。とくに嵐の海に身を投げるかみながひめのお母さんの絵は怖いくらいです。
子どものころ読んだ私が、この絵を覚えていたくらいの迫力なのです。
かみながひめの愛らしさもそれはすばらしく、西洋のお姫さまに負けていません。
日本のお姫さまにも頑張ってもらいたい私としてはイチオシ推薦の絵本です。

今、プリンセスブームの娘もお気に入りの姫の中に「シンデレラ」「白雪姫」「かぐやひめ」と一緒に必ずくわえる「かみながひめ」。ぜひ読み聞かせて、日本のお姫さまの奥ゆかしい魅力を伝えでほしいです。

(佐保姫さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


秋野 不矩さんのその他の作品

クリシュナのつるぎ / きんいろのしか / ちいさなたいこ / かぐやひめ / うらしまたろう / ちいさなたいこ (こどものとも)


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 総記 > かみながひめ

お化けや妖怪の絵本5選 by 好書好日

かみながひめ

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット