だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぼくができること」 みんなの声

ぼくができること 作:スティーブ・スモールマン
絵:ティム・ワーンズ
訳:左近リベカ
出版社:そうえん社
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784882642817
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,813
みんなの声 総数 9
「ぼくができること」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だれでもかならずもってる

    あたたかみのある絵が気に入って読んでみました。

    おもちゃたちのやさしさでバンブルタムが見つけた
    「ぼくにできること」
    それは、フワフワのからだでだれかをぎゅーっとだきしめてあげること。
    そしてみんなを元気にしてあげられるすばらしい力。

    なんて素敵なこと!! 思わず胸がジーンとしていました。

    だれでも必ず持っているいろんな力。それは、周りの人に助けてもらったりしながら自分で見つけていくものなのだと考えさせられました

    この本は、子どもだけでなく大人にもおすすめしたい一冊です。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 見つかってよかった

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    表紙の絵から、低学年以下にもよさそうと思ったのですが、
    内容はもっと上の学年に向いているようです。

    自分に何が出来るのかわからない時、周りからいろんな可能性を教えてもらって、
    ついにできることを見つけられて、ほっとします。

    自分が自分になった瞬間です。
    自分にできることを見つけることは、とても大変です。
    この絵本で勇気をもらってほしいです。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 良いところを見つける

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    自分の良さや自分の役割を
    意識するときってありますよね。
    おもちゃたちに自分を映して読んでしまうだろうなと
    感じました。
    仲間のおもちゃたちが一生懸命に
    できることを探してあげます。
    音をだしたりおもらしができずに
    「自分にはなにができるのだろう」
    「なにもできないんじゃないか」と弱い気持ちになります。
    でも役割はあるのです。
    それを素晴らしいことに仲間たちが気づかせてくれるのです。

    個性やお友達の大事さを感じざるを得ません。
    すてきな絵本です。
    自分のことを見つめなおす絵本ですね。
    親子でいいところを言い合ってもいいですね。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • できること

    誰にだってできることはあるはず。
    そういうことを気づかせてくれる絵本です。
    そうしてそれは誰かと似たようなことでなくていいんですよね。
    いや、むしろ誰とも違うことの方がいいのかもしれません。
    バンブルタムにできることは、だれかをギューッとだっこ
    してあげることでした。
    いいなあ。とっても素敵。
    私には何ができるかな。
    娘には何ができるかな。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分だけにできること

    5歳3歳の娘たちにパパが選んだ1冊です。絵がとっても可愛くて、読む前から3歳次女は食いついていました。

    中は、おもちゃの世界のお話です。新しく仲間入りした白いネズミのような、イヌのようなぬいぐるみに、他のぬいぐるみたちが「何ができるの?」と問いかけます。なかなか見つからないぬいぐるみですが、最後は見つかります。

    どんな子にもその子にしかできないことがあるということを教えてくれるお話です。次女はとても楽しんでいました。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • シマシマ模様のぽっこり膨らんだおなかが特徴の新しいおもちゃ。
    そのニューフェイスに前からいるおもちゃたちが問いかけます。

    「きみはどんなおもちゃなの?」

    「きみはなにができるんだい?」

    新しいおもちゃは、自分がどんなおもちゃで、何が出来るのか答えられません。

    そこで、仲間が一緒に考えてくれます。

    それぞれに個性的な仲間との関わりの中から、
    自分が出来る、自分だけが出来る
    とってもとーっても素敵な事に気づきます。

    一人では気づけなくても、
    周りの人と関わる事で、繋がる事で、
    自分の持っている力に、きっと気づけるはず・・・

    私って何だろう?
    私って何が出来るのだろう?

    そんな時こそ、人と積極的に関わり繋がって欲しい。

    そんなメッセージを私はこの本から受け取りました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • あなたは何ができるんだろう。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    ティム・ワーンズさんの(文中にもある「ねずみのようにも、くまのようにも見える」主人公のおもちゃのぬいぐるみがすごくキュートでした。
    この絵本はまんま、「自分探し」のお話です。
    新しい家にやってきたおもちゃのぬいぐるみ「バンブルタム」は、その家に昔からいるおもちゃたちに興味津々で聞かれます。
    「きみはなにができるんだい?」
    バンブルタムは(おもちゃとして覚醒したばかりなのか)
    「なにか、いいことができるはずなんだけど、まだぼくにもわかんないんだ」と答え、気のいい他のおもちゃたちが、バンブルタムにできることを一緒に考えて、あれこれやらせてみますが、なかなか「これ」といったことが見つかりませんでした。
    最終的にみんなは、バンブルタムにできる素敵なことに気付きます。
    とっても優しい気持ちになれる「自分探し」でした。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかわいい・・お話は難しいかも

    とにかく表紙の絵が思わず手にとらずにはいられないほどかわいい癒される表紙なのです。
    中に出てくるキャラクターもすべてほんとにかわいい!
    つぶらな瞳で淡い色彩で・・。

    でも肝心のストーリーのほうは、大人向けです!
    題名も何かを感じさせます。
    子どもにはちょっと理解するには難しいお話だったようです。

    掲載日:2007/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくができること

    おおげさな言い方ですが、ちょっと謎解きめいたお話です。
    優しげな絵に、とても好感が持てます。

    ある日、あたらしい玩具が、仲間に加わりました。
    みんなは彼(彼女かも?)に興味しんしん。
    「どんなことができるんだい?」とたずねます。
    でも、彼にも、自分にいったい何が出来るのか分かりません。

    玩具たちは、みんなで考えます。
    音がなるわけではない。
    しっぽを振れるわけでもない。
    おもらしの真似事が出来るわけでもない。

    読み手も興味津々です。
    一見、なんの変哲もない彼に、何が出来るのか?

    「自分探しの絵本」と、裏表紙には書かれていたので、
    なんだかちょっと難しいかも? と思ったのですが、
    読んでみて、この絵本は気負ったものではなく、もっとシンプルなように感じました。
    「ぼくができること」まさに、この表題どおりです。

    掲載日:2006/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / あおくんときいろちゃん / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット