雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

うさぎのみみはなぜながい」 みんなの声

うさぎのみみはなぜながい 作・絵:北川民次
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1962年
ISBN:9784834000078
評価スコア 4.75
評価ランキング 674
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • そうだったのか!

    うさぎは、自分が小さくていつも森の動物にいじめられていたので、神様に、もっと大きくしてほしいと頼む。神様は、とらとわにとさるの皮を持ってきたら、かなえてやると言います。
    うさぎは、知恵を使い3匹の皮をとり、神様のもとへ。神様は、こんなに頭のいいうさぎを大きくすれば他の動物をいじめるだろうと、耳だけを長くした。というメキシコの昔話です。

    小さいうさぎが、知恵と自分の得意なことを生かして大きな動物をつぎつぎ打ち負かしていくところが痛快です。
    でも、神様はうさぎとの約束をちゃんとは、守っていないな?と思ったり、うさぎは耳だけ長くしてもらって、納得がいったのか?疑問も残ります。
    3回繰り返すところ、ちょっと残酷な所も淡々と事実だけを語るところは、昔話共通でしょうか?興味深いです。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 文と絵がこの絵本の世界観を素敵に表現

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    一番最初のページをめくるとメキシコの古い文明の遺跡のような動物の横顔の絵があり、この扉絵を見ることで、(アステカ文明のころの)メキシコに伝わる民話だということを意識しました。

    文と絵を書かれた北川民次さんの言葉の使い方がとても日本人の感覚に合っていて、このお話の世界観がよく伝わってきました。
    絵は、版画のような感じに見えますが、書いてないので断言はできません。

    うさぎにまつわる民話や昔話は結構残っていますので、結末は予想がつきましたが、
    最初は他の動物たちのことを怖がって震えていたうさぎが、ラストの方では恐ろしく見えてきます。
    最後の神様の決断に私も1票!
    中南米に伝わる民話はあまり聞いたことがなかったので、素直に面白いと思いました。
    読んであげるなら小学生以上かな。面白いので、機会を見つけて積極的に子どもたちに読んであげたいです。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読後「そんな〜!」という息子の一言

     アステカ時代のメキシコの昔話だそうです。
     みすぼらしいちっぽけな体故毎日いじめられているうさぎが、神様に体を「大きくしてください」と懇願します。
     神様はしばし考え込んだ後に、なんとも難しい課題をうさぎに与えます。
     強いとら・惨いわに・知恵あるさるを自分の手で殺して、その皮を持ってきたら願いを叶えてやろう、というのです。
     洋の東西を問わず、昔話の中にはこのような残虐的な行為が淡々と記されている作品が多々ありますね。
     大人は、具体的イメージを描き過ぎドキリとしますが、子どもはさらりと聞いています。
     
     この三つの難題を一つずつクリアして行くうさぎの目つきが、段々常軌を逸し鋭く変わっていくのも大人にとっては不気味です。
     知略をめぐらし手に入れた皮を三枚担いで、神様の前へ差し出したうさぎですが、・・・。

     読後「そんな〜!」という息子の一言。
     「神様は約束を反故にしてもよいのか」、という問に「神様との約束などあり得ません。神様と神様に造られたものは対等ではないのだから」
     しかしながら、神様はうさぎの仕業にギョッとしたのかも。
     自分の造ったものが、自分の予想以上のとんでもない能力を持っていたことに。
     「え〜、でもうさぎ可愛そう〜」の一言に、「仮に神様が、こんなことをしでかすうさぎに誰よりも大きい体を与えたら、この世の中の生き物の世界のバランスは間違いなく崩れるでしょう」
     あまり納得していない息子でしたが、最後に「うさぎをこれから見たら、うんとかわいがってやろう」
     
     神に造られたものは全て造られた時点で、見事な神の采配で形作られたものなのだ、と思いました。
     うさぎの耳が長くなったのは、とら・わに・さるの仲間たちの仕返しに合わぬよう、またほかの大きな獣に虐められぬよう、身の危険を早く察知できるようにとの神の情けとも読めました。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 神様、正しい!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    9歳の息子と読みました。

    可愛らしい小さいウサギが、神様に大きいからだにしてもらうために、
    神様の言いつけどおり、
    トラ・ワニ・サルを自力で殺して皮をはいでくる物語。

    最初のか弱さはどこへやら、
    うまーくこれらの動物を騙し、ガンガン棒で殴り殺し、
    皮をはいでくるウサギの姿は、もはや惨忍そのもの。

    「もう、大きくならんくて、いいんじゃない・・・?」と
    ちょっと引きつつもつぶやいてしまった私と息子でした。

    と、そこはさすが神様!
    正しい!

    神様がうさぎに計らった対応の絶妙さに、
    「ほー」とため息がでた私たちでした。

    メキシコのお話のようですが、作者さんは日本人。
    絵もなかなか素敵ですよ!

    掲載日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結構理不尽な話

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男に読みました。

    メキシコの民話だそうです。いつも他の動物にいじめられていた小さなうさぎが、神様にもっと大きくして欲しいと頼みます。神様はトラとワニとサルの皮を持ってきたら願いを叶えてやると言いますが、そのためにはこれらの動物を殺さなければなりません。

    うさぎは持ち前の賢さでそれをやってのけますが、神様は、賢いうさぎを体まで大きくしては他の動物たちに危害がおよびかねないと言って耳だけを大きくしてくれます。

    結構残酷な場面もありますし、神様も、自分から条件を出しておきながら、約束を守らないなんて、と思えますが、こんな理不尽さも民話ならではでしょうか。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても良いお話だと思います

    図書館でなんとなく目に留まり借りてきました。
    結構な文字数ですが5歳の息子もしっかり聞いてくれました。

    絵本ですが、うさぎと神様のやり取りの言葉遣いが
    しっかり敬語や丁寧語で訳されているのがいいですね!
    主婦の日常会話の中ではなかなか敬語などが出てこないので
    TPOや相手に合わせてお話するお手本になると思います。

    また、うさぎの賢いこと!
    小さくても知恵を働かせれば無理だと思うこともできるんだと
    読んでいる方にも思わせてくれました。
    とっても良い昔話だと思います。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん

    いろいろと考えさせられる内容でした。
    日本人の感覚では、理解しきれない部分もあるのかな、というのが正直な感想です。(お気を悪くされた方がいらしたら、申し訳ありません)

    天地創造の神様の存在や、自分の願いをかなえるために他の命を奪うことを神様が言い、実行する・・・

    子供の目にはどう感じたのか、少し気がかりでもあります。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすかったです

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    私も読んだことがなかったので、「うさぎのみみはなぜながい」理由に興味がありました。

    少し長めのお話ですが、すぐにお話の世界に引き込まれる感覚がありました。
    うさぎが、神様のお言葉どおり、自分より強いトラ・ワニ・サルの皮を剥いで持参しなければ望みがかなわないので、自らの手で殺して皮を剥いでいきます。
    恐ろしいなぁと思いそうですが、不思議と「残虐だ!」と思わず、淡々と読み語り続けていけます。

    日本の昔話でも、「殺す」場面はよく登場しますが、このメキシコの民話でも同じく、子供にとって悪影響とは感じませんでした。
    私の言葉ではうまく説明できませんが・・・

    1年生の息子に読みましたが、息子は最後まで物語の世界に引き込まれていた様子でした。そして読んでいた私も、ホントに読みやすい日本語でここちよく読み語り出来ました。
    小学校の読み語りに、機会があれば読みたい絵本だなと思います。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎの耳の秘密

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    うさぎは小さくてかわいい動物というイメージが強かったのですが、このうさぎは頭いいというか、ずる賢いというか・・・。ちょっと衝撃的かも。

    自分の願いのためなら、誰でも鬼にも蛇にもなれてしまうのかもしれませんね。うさぎの耳の秘密、知りたい方はぜひ。

    掲載日:2009/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特性をよく見極めて

    由来物のお話が好きです。

    うさぎの耳がなぜ長くなったのでしょう?

    うさぎは小さくて非力なことから大きくなりたかったんですね。

    神様がうさぎに命じられたとは、とらとわにとさるを殺して皮を持ってくることでした。

    大人からすると、とても残酷に感じられる行為ですが、息子はすんなりと読んでいました。うさぎは、小さくても知恵者で度胸もあるように思いました。

    神様は、万物の特性をよく見極めて個性を与えているものだと思いました。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット