もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

でっかいしごとだ いくぞいくぞ」 みんなの声

でっかいしごとだ いくぞいくぞ 作・絵:ベネディクト・ブラスウェイト
訳:青山 南
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784776402237
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,490
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 電車好きの息子は、まっかなちっちゃいきかんしゃのぼうけんシリーズはすべて大好きですが、
    中でもこの本のポイントは、
    一生けん命仕事をする喜びを知る、ということでしょうか。
    まっかなちっちゃいきかんしゃは、まだまだ現役ですが、
    特急列車も、トラックも走る現代のため、
    古くて役に立たないと、いつもバカにされています。
    でも。道路が渋滞し、物流がストップしたある日、
    大きな仕事が一気に3つも舞い込みます。
    船で運ばれてきた家具を取りに港に行き、
    石炭を取りに石材所へ、
    木材を取りに山へ行きます。
    たくさんの貨車を連結し、
    今は使われていない錆びた線路を進みます。
    連結した貨車の長いこと。
    数を覚え始めた息子は、一生けん命貨車を数えました。
    大仕事をやりとげたジャックとダフィとまっかなちっちゃいきかんしゃ。
    皆の表情は、誇りと喜びに満ち溢れていました。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が細かくて楽しい!

    息子が2歳半前で図書館で自ら選んだ絵本。
    蒸気機関車の表紙に心を奪われたようです。

    トラックの運転手に、古くて役にたたないとバカにされたところに、
    3つの仕事が舞い込み、まっかなちっちゃいきかんしゃが奮闘するお話です。
    交通渋滞で物流がストップしてしまったのです。

    家具や木材、石炭を運ぶのですが、貨車を連結させたり、
    工事車両がたくさん載っていたり、
    とにかく乗物好きのこどもが大好きなものが満載です。
    息子も夢中になって読んでいました。

    とにかく、絵がおもしろい。
    細部まで書き込まれていて、見ていてあきません。

    このシリーズはほかに3冊読みましたが、息子はこれが一番楽しかったようです。

    掲載日:2013/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれまっかなちっちゃいきかんしゃ!

    真っ赤なちっちゃい機関車が、みんなの仕事のお手伝いをして大活躍するお話です。機関車と運転手と車掌さんが、がんばってる様子がとてもたのもしく、思わず応援してしまいます。
    機関車の他にも、大きな船や、工事の車、そのほか働く車もいっぱいでてきて、乗り物好きの子どもたちにおすすめです。
    乗り物も風景も、リアルで細かいのですが、ごつごつした感じではなく、優しい雰囲気の絵で描かれているので、女の子が読んでも楽しいと思います。

    掲載日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さくても汽車にしかできない仕事!

    3歳7ヶ月の息子に読んでやりました。汽車が大好きで、このシリーズはひとりでも読んでいるくらい。今回は、小さくてなんにもできないと思われている赤い汽車が、とても大きい仕事をこなすかっこいいお話!

    いつもはトラックが運んでいる材木やじゃりの仕事を赤い汽車が代わりにやることに。様々な理由で道路が渋滞していて、なかなか届かないので、汽車で運んでもらいたいと社長さんに頼まれるのです。こんな小さな汽車がこんなたくさんの貨車をひっぱってこれるの?と読んでやっている私もハラハラどきどきもの。でも、意外と力もちなんですよねー。

    適材適所というか、やればできる!というか、なんか勇気をもらえるストーリーでした。汽車好きにはたまらない絵本です。

    掲載日:2011/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真っ赤なちっちゃい機関車

    真っ赤なちっちゃい機関車が大活躍します。

    16台の貨車を連ねて、脱線しないか心配しましたが、無事に到着した

    時には、拍手したくなりました。

    昔の線路は、埃をかぶっていたり、線路は草木に覆われていたりして

    心配でした。16台の貨車を真っ赤なちっちゃい機関車で引っ張ってい

    けるだろうか?やっぱり最後まで心配しました。

    大活躍した真っ赤なちっちゃい機関車に大拍手したいです。

    よく頑張ったねって誉めてあげたいです。

    絵もとても丁寧に細部まで描かれていて、絵を見ているだけでも楽しめ

    ます。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい絵本

    まっかなちいさなきかんしゃが、ある日、渋滞で困っている人たちから荷物を運んでほしいと頼まれるお話。
    小さいけれど、力をいっぱいだしてたくさんの貨車をつなげて見事に仕事を果たす姿は勇気をくれます。
    この本のイラストもとても描写が細かく、字の読めない次男もいろんな車を見つけたり、空港(飛行機)、港(船)などを見つけては大喜び^^

    「まっかなちっちゃいきかんしゃのぼうけん」のシリーズは、日本を含む七か国語に翻訳され、80万部を超えるベストセラーだそうです!
    他のシリーズも読んでみたいです!

    乗り物好きの男の子におすすめのよい絵本です^^

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • きかんしゃ好きの子に是非

    • にっきさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子1歳

    まっかなきかんしゃシリーズを買うきっかけになった絵本です。


    きかんしゃ好きの息子は、リアルなきかんしゃの音の描写にすぐ反応し、まねしだしました。

    きかんしゃが、みなと、石切り場、山というように、色々な場所を巡るのが楽しい上に、作者の繊細な絵は大人でも魅了されます。

    中でも息子のお気に入りは、全てのかしゃを連結してはしるページで、毎回かしゃの数を数えて喜んでいます。

    ちいさいきかんしゃが、がんばってかしゃをひく姿が、最後までがんばる事を子供に教えてくれる良い絵本だと思います。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長い貨車が印象的

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「まっかなちっちゃいきかんしゃのぼうけん」シリーズは、日本を含み7ヶ国語で翻訳され、80万部を超えるベストセラーになっています。
    機関車の絵本というと、作品が古いものが多いですが、これは現代の作品です。
    作者はイギリスの自然保護区で自然を描くアーティストなのですが、この作品を見るとその背景が充分理解できると思います。

    今回の物語は、道が渋滞していてトラックが役に立たない時に、3人の会社の人から荷物の運搬を頼まれるというもの。
    小さくても役にたつというストーリーは「しょうぼうじどうしゃじぷた」を彷彿させるものがあります。
    連結する貨車がとても長く、その活躍ぶりに拍手喝采というところでしょう。
    それに、建設作業車が多く登場するのも見どころの一つで、特に男の子には支持されると思います。
    シリーズの中で一番のオススメです。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなシリーズ

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    息子の大好きな、「まっかなちっちゃいきかんしゃ」シリーズです。
    まっかなちっちゃいきかんしゃは、トラックのおじさんに「何の役にも立たない」なんてバカにされたけど、
    渋滞で動けないトラックに代わって、家具や木材などを運搬します。
    昔は全部機関車で運んでいたので、古くて錆びてるけど線路も貨車もまた使って・・・
    まっかなちっちゃいきかんしゃが、たくさんの貨車を引っ張ってなが〜〜〜〜く連なっているのが圧巻。
    ちっちゃいけど、こんなすごい力を持ってるんだ!って、子どもにも快感のようです。

    このシリーズのほかの絵本に比べて、ひときわ文字が多いです。
    ちっちゃなファンである2歳児には、ちょっと長かったです。
    シリーズ入門には、別の本のほうが良いかも。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 重機好きの息子が大喜び♪

    • びびこさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    まっかなちっちゃいきかんしゃのぼうけんシリーズの中の1冊です。

    トラックの運転手さんに、まっかなちっちゃいきかんしゃを「役に立たない」とバカにされた運転士のダフィでしたが、きかんしゃの強みを生かして、大きな仕事を成功させます。

    その仕事の過程で、たくさんの乗り物が登場!トラック・ダンプ・パワーショベルなどの重機類。飛行機・船そしてもちろん機関車も。
    それだけではなく、町の様子、山や海の様子、自然のものたち。精密に描かれた絵の見所はたくさんあります。

    文章を読まなくても、「こんなものもあった!」「コンクリートミキサー車はどこ?」なんて指さしながら読むのも楽しい本です。

    2歳の息子は重機が大好き!もちろん、この本は大のお気に入りです。
    建設機械の好きなお子さんにはオススメの1冊。

    掲載日:2008/03/18

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット