モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

ちびっこタグボ−ト」 みんなの声

ちびっこタグボ−ト 作・絵:ハーディー・グラマトキー
訳:渡辺 茂男
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年
ISBN:9784052022098
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,877
みんなの声 総数 5
「ちびっこタグボ−ト」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トゥートゥの成長

    働くのが大嫌いなトゥートゥの成長を描いたお話。
    父は力強く立派で働き者なのに、本人は遊んでばかり。
    そんなトゥートゥがあることがキッカケで大きく成長します。最初はなかなか思うようにはならないのですが、知恵を絞って頑張ったトゥートゥの姿がとても印象的でした。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しかったです

    前から気になっていましたがなかなか読む機会がありませんでした。

    幼年童話としては内容的にも分量的にもぴったりのお話だなあと思いました。

    読みながらアニメの飛行機のバーディを連想しました。影響を受けているのでしょうか。

    絵もかわいいですし、話や絵にスピード感やハラハラ感もあり、どちらかというと男の子が好みそうなお話ですけど、楽しかったです。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • やんちゃ坊主の成長

    最近息子がはまっている「のりものどうわ」シリーズです。

    今回の主人公は、タグボート。
    港で大きな客船やタンカーなどを引っ張って港の外まで先導する役目のちいさな船なんです。

    主人公のトゥートゥはちびっこのやんちゃ坊主。お父さんもおじいさんも立派なタグボートなのに、仕事を手伝おうともせず遊んでばかり。
    そんなトゥートゥが、ある夜、沖で難破しそうになっている船を見つけます。自分ひとりで助けられるわけも無く、おろおろするトゥートゥ・・・。
    いったいどうなるんでしょう???

    どきどきはらはらさせられる展開で、かなり長い文章なのですが一気に読ませられます。やんちゃ坊主だったトゥートゥも、この事件をきっかけにとても成長しちゃいますよ。

    古くからあるお話で、アメリカでは映画化もされているとか。
    素敵なお話ですがちょっと長いので、少し大きいお子さん向けかなと思います。

    掲載日:2008/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1967年の作品で、発刊するやベストセラーになり、映画化もされた有名な絵本です。
    ただ、読み聞かせるなら4歳ぐらいからとありますが、90頁を超える作品なので、息を切らせぬ展開とは言え幼児ではなかなか持たないかも知れません。
    やはり、範疇としては幼年童話の部類で、自分で読むことのできる小学校低学年向きといえそうです。

    この物語の制作は、ハーディ・グラマトキーが、ハドソン河沿いのアパートから、タグボートを見ていたことが発端のようです。
    米国では、タグボートが主人公の絵本を良く目にするので、文明の発展の違いがここでも見受けられるということなのでしょう。

    最初は、ちびっこタグボートのやんちゃぶりが描かれていますが、ひょんなことから、ちびっこタグボートは大きな客船が難破しているのを発見します。
    そこから、ちびっこタグボートがみんなに助けを呼ぶ発想が、やはりアメリカ的。
    そして、最後にちびっこタグボートは、みんなにその力量を認めてもらうまでになるのですが、色々な示唆に富んでいるので、読む人によって受け止め方は様々でしょう。
    冒険活劇として楽しむだけではなく、やれば出来るということをさりげなく教えてくれる一冊だと思います。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • このシリーズは本当におすすめ!!

     ハーディー・グラマトキーが、子どもの大好きな乗り物を主人公にしているシリーズの絵本です。絵本というよりも、童話ですが兄が3歳ぐらいの時から大好きな絵本です。

     小さい子どもタグボートはちょっと怠け者だったのが、すごい嵐の中を自分の危険もかえりみずに勇気を出して大活躍する力を発揮して、お父さんのように立派なタグボートになろうと働き者になるお話。

     主人も小さい時に大好きな本だったみたいで、長年愛されている本です。

    掲載日:2007/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット