あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

八郎」 みんなの声

八郎 作:斎藤 隆介
画:滝平 二郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1967年11月
ISBN:9784834001143
評価スコア 4.83
評価ランキング 152
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 学生時代に先輩が読み聞かせをしてくれた忘れられない1冊です。私に絵本の面白さや奥深さを提示してくれた絵本で、以来私の絵本好きは続いています。何回も子どもたちや学生に読み聞かせをしました。八郎のぶきっちょで飾らない生き方は5〜6歳の子どもたちには充分理解できます。秋田弁が少々難しいけれど、力強くて迫力満点の絵本だと思います。『好きな絵本は何ですか?』と聞かれたら迷わず「八郎」です、と答えてしまうくらい好きです。

    掲載日:2005/11/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 八郎潟も寒風山も近所の観光地なのですが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    まさかこの本でそれらの観光地の成り立ちを知るとは思ってもいませんでした。しかし方言で書いてある本というのは読んでいてどうしても熱がこもってしまいますね。我が子にはまだ話の内容を理解するには難しかったと思いますが、ソメコとオニに次いで、読んでいる私は非常に楽しかったです。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 八郎潟についての民話絵本。
    秋田弁でとつとつと語られる物語は、八郎という大男の雄々しさと心優しさとを粗削りに語り続けます。
    黒一色で描かれた絵も、八郎の力強さと、村人たちの苦難をみごとに表現していると思います。
    癖が強いので、読み聞かせにはハードルが高いですが、男として読み応えのある絵本です。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の強さと優しさ

    こちらの作者コンビの作品『花さき山』や『モチモチの木』に感動したので、こちらも読みました。前出2作を越える感動がありました。
    秋田のくにに住む山男「八郎」のおはなし。その男の強さとやさしさが、黒一色の切り絵で壮大に綴られます。
    どうして自分がこれまで大きくなりたいと願ってきたのか、その理由がわかったと荒れる海に叫ぶシーンには読みながら涙ぐんでしまいました。
    語りの秋田弁が難しく、つたない私の語りでは、一緒に読んでいた息子はわからない言葉も多かったと思うのですが、その迫力と雰囲気で、最後までじっと聞いていました。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 方言で書かれた絵本はたくさんありますが、
    八郎ほどありのままの方言で書かれている絵本も珍しいかも知れません。
    斎藤隆介さん・滝平二郎さんのコンビですが、ほかの作品に比べて語尾や話し言葉に方言が余すことなく使われています。

    だからと言って読みにくいという訳ではなく、
    東北に馴染みのない私でもきちんと意味はわかるし、
    秋田の八郎潟を語ったこの物語の世界にどっぷりとつかることができます。

    全ページモノクロの画調も、この作品の良さです。
    モノクロであるからこそ、八郎の心優しさ、力強さ、
    そして東北の空気感が表れているのだと思います。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悠久の愛

    とっても大きい山男、八郎のお話。

    すでに大きい体なのに、もっともっと大きくなりたくて仕方がなかった八郎。
    後半、八郎自身がいつも思っていた、「どうして自分が今まで大きくなりたかったか」
    という疑問に自らの答えを出すのですが、そのシーンは本当に壮絶な、
    頼もしくも悲しい、複雑な思いに駆られました。

    なぜ八郎でなければならなかったのでしょう?
    けれど、きっと八郎にしかできなかったこと。
    それが、これだったのでしょう。

    自己犠牲。優しさ。そして八郎から感じる、大きな悠久の愛。

    たくさんの小鳥たちが、八郎の頭(髪の毛)に巣を作って住んでいる
    のですが、「ぴちぴち、ちいちい、ちゅくちゅく、かっこー」という
    鳴き声が何度も出てきて、同じ鳴き声のはずなのに、シーンによって
    嬉しそうに聞こえたり、悲しそうに聞こえたり・・・

    「八郎」よりも先に「三コ」を読んでいたこともあり、もしかして、
    あの男わらしこは、三コのこと!?と、息子と二人で大騒ぎしてしまいました。
    三コが八郎を尊敬して真似たということを考えると、きっとそうですよね?

    ここのところ、斎藤隆介さんの作品をたくさん読んでいますが、
    絵本離れしていた息子が、斎藤隆介さんの作品をきっかけにまた
    少しずつ絵本を手に取るようになり、嬉しく思っています。

    良い作品というものは、今も昔も人を惹き付けるのでしょうね。
    いろんな意味で、心に残る作品となりました。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男だよ

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    方言の語りが、八郎の素朴さや力強さを表現するのに一役かっています。
    何のために大きくなりたいのか最初は分かりませんでしたが、子供のために自分を犠牲にして海に立ち向かっていく姿に、男らしさが出ていました。
    滝平さんの切り絵が昔話風ですごく味があります。
    大人が読んで楽しめる絵本でした。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心も大きい八郎

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    人のために自らの命を投げ打った大きな男八郎の、せつなくも心温まるお話です。

    ぐんぐんと体が大きくなっていく八郎。
    力強さを感じる滝平二郎さんの絵は大迫力です。
    村の人たちのためになることに喜びを感じ、力の限り戦う姿。
    体だけでなく、心の大きさもしみじみと感じることができました。

    掲載日:2009/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凄い迫力です。

    多彩な擬音語に力強い版画。
    八郎の猛々しさとともに優しさも表現されていて
    素晴らしいと思いました。
    方言で書かれているので地元の方に読んで頂きたいと思いました。
    途中、展開が予想できるのでだんだんページをめくる手が
    遅くなりました。とても切ないお話でした。
    だけど人のために尽くした八郎は満足しているのでしょうね。

    掲載日:2009/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • また別の機会に

    よく見かける本で、もうそろそろ息子も読めるのかなと思い読んでみましたが、聞きなれない方言。私自身も抑揚がうまくつかず、息子は途中で興味を失ってしまいました。

    力強い迫力のある絵とお話だと思うので、また別の機会に挑戦してみようと思います。

    掲載日:2009/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / 火のくつと風のサンダル

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット