宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
サンタクロースのはるやすみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンタクロースのはるやすみ

  • 児童書
文・絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 小宮 由
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年02月20日
ISBN: 9784477030715

小学校低学年
A5・64頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

サンタクロースは正体を隠して、春の町に遊びに行きました。
ところが、子ども達から「この おじいさん、サンタさんから おひげと 赤い鼻もとっちゃった」と疑われて、なんと警察に捕まってしまいます!
サンタクロースは、どうやって、本物のサンタクロースだと証明したのでしょうか?
読んだらあたたかくて幸せな気持ちになります。

サンタクロースのはるやすみ

ベストレビュー

休日のサンタさん

おしのびで街歩きをしたいサンタさん。

変装してワクワクしている姿が可愛いです。

でも、泥棒と間違われてサンタだ!と自分の正体をあかしてしまいますが、素敵なことが、、、。お互いに感謝し、思いやる気持ちの大切さを実感できました。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロジャー・デュボアザンさんのその他の作品

ロバくんのみみ / つちをほらなくなったスチームショベル / ぼくはなにいろのネコ? / ハッピーハンター / きりのなかのかくれんぼ / ベロニカとバースデープレゼント

小宮 由さんのその他の作品

どうぶつたちのナンセンス絵本 / こわいオオカミのはなしをしよう / ぼくは くまですよ / オポッサムは ないてません / くるみ割り人形 / クリスマスのおかいもの



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

サンタクロースのはるやすみ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット