話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
山はしっている

山はしっている

  • 絵本
作: リビー・ウォルデン
絵: リチャード・ジョーンズ
訳: 横山 和江
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2020年03月06日
ISBN: 9784790254010

小学全般
235mm×295mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

その、最初のページ。
朝もやに浮かびあがる雄大な山の景色を目にした途端。
ひんやりした地面の空気を感じた瞬間。
物語を読む前から感覚的にそれは伝わってくるのです。

彼らは山に見守られている、ということ。

早起きの鳥は空へ飛び立ち、シロイワヤギがひづめの音を響かせ、小さなナキウサギが目を覚まし。つゆに濡れた草をそよがせて歩くのはヘラジカの親子。朝ごはんを探しているのです。

昼になれば、木洩れ日のさしこむ枝のあちこちで鳥たちがさえずり、クズリが獲物をもとめてうろつき、シカは立ち止まり。

やがて日が沈むころ、真っ赤に染まる山を背景に、忙しく動き回るのはビーバーやハイイログマ。寝床へもどっていくものがあれば、目を覚ます動物たちもいる。夜は夜で、また一日の世界がはじまっていき……。

刻一刻と変化していく陽の光、さらに夜になれば月の光に照らされる自然の風景が。毎日繰り返されているであろう、それぞれの動物たちのそれぞれのいとなみが。こんなにも美しく、こんなにも尊いものに見えてくるなんて! 揺さぶられるほどの感動を味いながら、最後に語るその言葉が静かに心に突き刺さってきます。

「夜が朝になるように、世界もかわっていく。
 永遠に続くこともあれば、進化するものもある。
 かわらないのは、生きること。」

山は、知っているのです。
消えいく命のことも、生まれ来る命のことも。
そして、見守られている私たちが考えるのは、これからの地球について。

リチャード・ジョーンズが描く美しい自然や愛らしい動物たちを素直にたっぷり堪能しながら、しっかりと感じたことを心に留めていこうと思うのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

山はしっている

山はしっている

出版社からの紹介

日が昇り、日が沈み、ひとつの命が消えて、ひとつの命が生まれる。雄大な山々は生きるものたちのいとなみをずっと見守り続けてきた。静かな心に沁み通る文章と、息をのむほど美しいイラストで綴る至高のネイチャー絵本。

ベストレビュー

落ち着いた色合いが素敵です♪

当たり前の自然の姿ー
と、思っていましたが
どうも、今の御時世
当たり前ではないようです

この作品
動物や植物もですが
朝陽、夕陽、光・・・と
自然のきれいさ、素晴らしさが
落ち着いた色合いで描かれ
雰囲気がとても素敵なんです

自然の営みは、弱肉強食といった
厳しいものがあると思われます
でも、この絵本のように
ゆったりとした時間の流れの中で
みんな仲良く
暮らしているーと想像すると
心がほっこりしてきます
動物たちの表情もいいのかな

ちょっと疲れ気味の時に
元気をいただける作品です
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リチャード・ジョーンズさんのその他の作品

きっと どこかに / キツネのはじめてのふゆ / だいすき ライオンさん / ビジュアル世界一の昆虫

横山 和江さんのその他の作品

サディがいるよ / キャラメル色のわたし / ほしのこども / きみの声がききたくて / ジュリアンはマーメイド / ベネベントの魔物たち【4冊セット】



石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

山はしっている

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット