宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おいしい かぞえうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おいしい かぞえうた

  • 絵本
作: 岸田 衿子
絵: 古矢一穂
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おいしい かぞえうた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784834082760

読んであげるなら・ 2才から
ページ数:24
サイズ:21X20cm
こどものとも年少版 2009年12月号

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「いちばん すきな いちごミルク」 「にくじゃがも にこにこ たべる」……おいしそうな食べものが次々に登場する数え歌を、とびきり愉快な絵で描きます。おいしいものを食べている動物や人がとてもユニーク。いちごミルクを食べているのは、小さな毛虫。肉じゃがを食べているのは、ジャガイモおじさん。最後のジュースの順番を待っているのは、さあどんな生き物でしょうか?

ベストレビュー

のどかな雰囲気の、かぞえうた

のどかな雰囲気の、かぞえうたです。
一から十まで、食べ物と美味しく食べるどうぶつたちが描かれています。
数え歌なので、たべものは、その動物が本来食べるものではなさそうですが、みんな幸せそうに、美味しそうに見えるので、嬉しくなります。
ゆるやかな線の個性的な絵が良い感じです。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岸田 衿子さんのその他の作品

メアリ・ポピンズ / 赤毛のアン / ねこどけい / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / みんな にげた

古矢一穂さんのその他の作品

おじさんいいものみつけたよ / きいちごだより / ほいさか さっさ えんそくだ / ねこ ねこやなぎ / 森のはるなつあきふゆ / たねのずかん



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

おいしい かぞえうた

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット