話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

まほうつかいのむすめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まほうつかいのむすめ

  • 絵本
作: アントニア・バーバー
絵: エロール・ル・カイン
訳: 中川 千尋
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まほうつかいのむすめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784593502998

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

魔法使いの父と二人きりで暮らしてきたむすめは、会ったことのない母親や、自分の名前のことが知りたくなりました……。

ベストレビュー

自分を知ること

魔法使いと娘の二人暮らし。
娘は名前もなく、生い立ちも知らないのです。
閉ざされた世界に生活していて、外の世界も他人も知らない。
考えるとすごいことです。
娘は知識を得ることも情報もないから、何の疑問も感じないで育ったのです。
子どもの心の成長を考えるとき、とても恐ろしい話です。
なんの情報もなければ、姿かたちだけ大きくなって、まるで人形のようです。

魔法使いが自分の老いを気にして、娘の相手をするゆとりがなくなります。
そして不用意に娘に与えた本の数々。
娘は知識を吸収し、知恵を育てていきます。
魔法使いは「失敗した」と思うのですが、娘の自我が育ち自立が始まります。
もともと名前がないという設定がすごい。
魔法使いは親としての役割を果たしてはいなかったのです。

娘は初めて魔法使いに疑問を持ち、反抗します。
名前は何? 私は誰? 自分の母は誰?
心の成長がなければ反抗期は生じないのです。
やっとの思いで娘は外界に出て、実の親と再会します。
父親を早くに亡くした貧乏な母子家庭に起こった悲劇でしょうか。

この本は、ベトナム戦争の孤児を養女として迎えたアントニオ・バーバーが、その娘のために創作した物語だそうです。
物語としては少し冷たい感じがするのですが、養女はどのように感じたのでしょうか。
子どもの成長と親の心理的な関わり合いを考えるときに、とても学ぶところの多い本です。

ル・カインの絵が和洋折衷であるのは、題材となったアジアと西洋を意識してのことでしょうか。
芸術性と神秘性とどことなく幻想感の強い作品です。

内容を受け止めるのは高学年からヤングアダルトかもしれません。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アントニア・バーバーさんのその他の作品

嵐をしずめたネコの歌 / やんちゃなサルと しずかなパンダ

エロール・ル・カインさんのその他の作品

こまったこまったサンタクロース[新版] / 三つのまほうのおくりもの / グリム童話 いばらひめ 新版 / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / イメージの魔術師 エロール・ル・カイン(改訂新版) / かしこいモリー

中川 千尋さんのその他の作品

こころの おと / チョコレート屋のねこ / ハロウィーンのまじょティリー / のんきなりゅう / 魔女のこねこゴブリーノ / 白猫


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > まほうつかいのむすめ

【連載】9月の新刊&オススメ絵本

まほうつかいのむすめ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット