宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
もりのおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのおばけ

  • 絵本
作・絵: かたやま けん
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もりのおばけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年04月
ISBN: 9784834026511

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
27X20cm・28ページ

出版社からの紹介

森で弟とはぐれた「ぼく」は、いつのまにか、不思議な森に、たったひとり。
「おーい」って呼んでみると、あっちからも、こっちからもおばけがでてきて、さあどうしよう。

もりのおばけ

ベストレビュー

森の中 おばけにおいかけられて・・

この絵本はずいぶん前に読んで知っていました

かたやまけんさんの鉛筆画で、 弟と二人で森の中に入って どっちがはやいか かけっこ
この時は お兄ちゃんのぼくは 自信満々  弟は後から追いかけてきます
森の中にひとり この時のぼくの 気持ち お化けに追いかけられて 怖い〜
「お〜い」
こんな怖い気持ち 子どもの気持ちが本当にうまく絵本にされていて
お化けの描き方も 追いかけられる気持ちも   迫ってくる怖さも
すごく 子どもの心を捕らえた絵本です

さすが   
1969年、こどものとも  いつまでも 良い絵本は残したいですね!
 子どもたちに読んであげま〜す
どんな 顔でみてくれるかな?
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かたやま けんさんのその他の作品

やまのかいしゃ / いいな いいな



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

もりのおばけ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット