新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
山のいのち

山のいのち

  • 絵本
  • 児童書
作: 立松 和平
絵: 伊勢英子
出版社: ポプラ社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1990年09月
ISBN: 9784591033401

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
29×21.5cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

長く学校を休んでいた静一は、山奥の父の故郷で祖父と二人で暮らすことになりました。
山で暮らすうち、静一の心には再び命の輝きがよみがえります。

★1991年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書<小学校高学年の部>
★全国学校図書館協議会第26回選定「よい絵本」

ベストレビュー

つながる山のいのちたち

自分の殻にこもってしまった静一と痴呆症の出てきた祖父。
両親の海外出張の間、父の故郷に預けられることになった静一です。
静一を自分の息子だと思い込んで、父の名前で静一を呼ぶ祖父。
伊勢英子さんの描く絵が、二人の心理と緑一色の中に脈打つ山の命を象徴的に高めています。
祖父の飼っていたニワトリを食べてしまって、小屋から逃げられなくなっていたイタチ。
祖父はイタチを水に沈めて殺すという衝撃的な行為を静一に見せます。
ただ、祖父は山に生きる様々な生き物たちの命の連鎖と、イタチを山に返してやるのだと語ります。
「かわいそうだね」
静一が久々に自分自身の言葉を耳にします。
川にきらめく水しぶきに様々な生き物たちの魂を感じます。
山の営みと、人間の営みの表現がとても重みをもって語られています。
イタチの肉は川に流され、イタチの毛皮は竹竿につながれ、川にたたきつけられて魚をとらえるための仕掛けになります。
生々しいお話ですが、現実感は伊勢さんの絵で幻想的にさえなっています。
ちょっと怖いお話だけに、高学年向けのお話だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
660円
1,100円
1,430円
1,485円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
1,650円
385円
385円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

山のいのち

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら