新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
母ぐま子ぐま

母ぐま子ぐま

  • 絵本
著者: 椋 鳩十
絵: 村上 康成
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年02月
ISBN: 9784652202371

A4変/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「しんでは いけない。しんでは いけない」はげしく襲う痛みに気が遠くなるなか、母ぐまは二ひきの子ぐまを思い、のうみその奧の方でさけびました。命のきけんと隣り合わせの野に生きる、くまの母子の愛をえがいたお話です。

ベストレビュー

母熊の子熊を守る 強さに感動し涙しました

冬の冬眠から覚めた 母ぐま子ぐま
おなかがペコペコ サワガニを食べる子ぐまのかわいらしさ

しかし この時 クマ狩りの人間たちと犬たちが迫ってきたのです母ぐまは 子ぐまを二人をたたいて どんなことがあっても 動かず じっと はらばっておいでと合図したのです
子ぐまも危険を感じ じっとお母さんの言いつけを守りました

しかし・・・ クマ狩りの猟師や犬たちは 子ぐまたちを見つけて・・・ 危機一髪 木の上に登りました
でも 猟師たちは木を切り倒そうと 山刀で切りかかります

そんな時犬たちに襲われ傷だらけの母ぐまが 真っ赤な口を大きく開けて 猟師に襲いかかりました

なんという 母ぐまの強さ 子を守るために 力を振り絞る姿に感動しました!
そして 子ぐまたちを助け 子ぐまのあたまをぺろぺろなめてやるのです
母ぐまの愛は すごい! 何よりも強い母の姿に 涙が出ました

人間も同じ 子を守る母親は強いです!

今、 母親が子を殺める事件を聞くと 苦しくなります
どうか お母さんは自分の子を産んだ時のことを思いだし
母ぐまのように 守り育ててください!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,420円
990円
1,100円
1,320円
880円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
2,420円
275円
660円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

母ぐま子ぐま

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら