新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

やさいのおにたいじ 御伽草子「酒呑童子」より

やさいのおにたいじ 御伽草子「酒呑童子」より

  • 絵本
作・絵: つるた ようこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年02月05日
ISBN: 9784834085471

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
194mm×267mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

京の都に、おそろしい鬼が現れました。さらわれた娘たちを救うため、知恵と勇気のある6人が立ち上がります。絵巻物などで知られる鬼退治の伝説ですが、その姿をよく見ると、敵も味方も、なんと野菜! 鬼はツノの生えたこんにゃく芋。味方の大将は、兜ではなく固い皮をかぶった竹の子。他の仲間も、金時にんじんや堀川ごぼうなどの京野菜に姿を変えています。大胆にアレンジされた「酒呑童子」の物語を、どうぞお楽しみください。

ベストレビュー

野菜たちの結束力

野菜たちが京の都に居る鬼を退治しに行くお話です。

ただの鬼退治ではなく、野菜たちが知恵と勇気を振り絞って立ち向かう姿が素晴らしいと思いました。
野菜たちも京野菜に姿を変え、京の都に溶け込むところを良いと思いました。
一風変わった鬼退治のお話でした。

子どもたちに読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆
(さくら嵐♪さん 40代・せんせい )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,430円
1,210円
990円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
2,200円
440円
1,848円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

やさいのおにたいじ 御伽草子「酒呑童子」より

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら