新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ネコノテパンヤ

ネコノテパンヤ

  • 絵本
作: 高木 さんご
絵: 黒井 健
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年09月17日
ISBN: 9784865492224

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
250mm×220mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

続きを読む
ネコノテパンヤ

出版社からの紹介

小さなパン屋さん「ネコノテパンヤ」がある町は、霧に包まれていました。お母さんが配達に出かけたので、ネコノテパンヤのななえちゃんは、一人でお店番。すると、帽子を深くかぶったお客さんがやってきました。そのお客さんをよく見ると、「えっ、もしかして猫?」。お客さんの帽子の下から、長く伸びたひげが見えました。つぎつぎに猫のお客さんがやってきて、うれしそうにパンを買って帰ります。想像力豊かな心の旅ができる絵本です。

ベストレビュー

尾道が舞台なほっこりなおはなし

「ネコノテパンヤ」この題から
惹かれます!
黒井さんの絵がいいです!!
霧に包まれた昔ながらの小さなお店

ななえちゃんは
ねこ?と思いながらも
上手に接客しています

ねこたちも、だんだん大胆になるし(笑
それが、なんか、ななみちゃんに
心を許しているというか、信頼しているというか

お母さんがつくる、パンは、美味しそう〜

ひとつの袋よりは2つに分けたほうが持ちやすい!
とか

最後に、お母さんに
「ねこがね!!」とななえちゃんが言うのかと思ったら
違うんですよ(笑

なんか、生活に密着していて
いいなぁ〜と思います

作者おふたりは、それぞれ
実際に尾道に取材に行って
愛着をもって
この作品ができたようです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,760円
1,540円
1,980円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
275円
1,980円
1,980円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ネコノテパンヤ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら