新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
くさいくさい!

くさいくさい!

  • 絵本
作: 和田登
絵: 和田春奈
出版社: 星の環会

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784892944864

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
A4変型判・32ページ

出版社からの紹介

下肥(しもごえ)を旅館から集める村人と旅館の主人が 引き起こす、めずらしくておかしな騒動を描いた物語。
この物語は、文政9年ごろに善光寺門前町と周囲の農民たちの間で起こった
「善光寺下肥出入」といわれる事件を元にした、歴史的事実に基づく物語です。

くさいくさい!

ベストレビュー

確かにくさい

なんともスゴイ本である。
絵からにおいが漂ってくる。
何という色調だろうか。

私は肥溜め、汚穢をさほど知らずに育った世代。
子どもたちには少し悪臭が強すぎるように思いました。

今でも畑地帯に行けば、鶏糞、牛糞、馬糞が立派に農家の役に立っていますし、家庭菜園をたしなむ家庭ではホームセンターで糞を買ってくるのです。
そういう話を導入に考えると、これは立派に社会のお勉強。
昔は人の汚穢が農家を支えていたのです。
そして、糞尿の入手を必要とする人たちと、糞尿を処理して欲しい人たちがいたのです。
これは立派に社会構造であり、経済をなしていたのです。

商売っ気を出して、売り物にしようとしたところから、とんでもないことになってしまいました。
とっても良いお話ですが、町中では現在でもお金を払って、汚水処理をしてもらっているわけですから、とても意味のあるお話なしです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,860円
1,430円
1,430円
2,750円
770円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
550円
2,530円
1,848円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

くさいくさい!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら