話題
ぷっくり ぽっこり

ぷっくり ぽっこり(偕成社)

じわじわ売れています! 新感覚の赤ちゃん絵本!

  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

ルドルフといくねこくるねこ

ルドルフといくねこくるねこ

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 杉浦 範茂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784061335219

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

おれがおれであること

ルドルフシリーズの3作目です。
タイトルの通り、今作ではイッパイアッテナがあまり登場せず少々寂しかったのですが、代わりにテリーという新しい猫がやって来ます。

友だちのブッチーは飼い主が引っ越してしまい、ノラ猫となるのですが、飼い猫だろうとノラ猫だろうと、おれはおれだ、一匹の猫であることに変わりはない、と言い切るブッチーが素敵でした。

自分が自分であること。
終盤ある事件を通して、血統書付きか雑種かという問題が出てくるのですが、血統が良かろうが悪かろうが、自分という存在は何も変わらない。
これは猫に限らず、人間社会においても大事な考え方だと思います。ブッチーって意外と哲学者ですね〜!

ルドも思わぬ所でリエちゃんと出会い、そして色々な感情を乗り越えて成長していきます。

冒険、友情、恋の話あり、決闘ありで、今回もハラハラドキドキしながら楽しく読むことが出来ました。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,650円
1,320円
1,650円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,520円
1,188円
550円
550円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ルドルフといくねこくるねこ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら