こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

じてんしゃのほねやすみ」 みんなの声

じてんしゃのほねやすみ 作:村上 しいこ
絵:長谷川 義史
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2016年11月10日
ISBN:9784569783239
評価スコア 4.2
評価ランキング 19,143
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人情深いお話

    ズッコケなお父さん、冷静で人の良いお母さん、ちょっと気が弱いけど優しいケンイチが遭遇する、
    ユーモラスで人間味あふれる「人間でない」モノ達。

    今回は自転車!
    ケンイチと仲良しで、ケンイチのマネをしてみたくなったのだなぁ。
    でも自転車が片輪で立つと非力なんてちょっと可哀想・・・
    でもその姿が微笑ましくて笑えてきます。

    ケンイチ家族以外の人が見たら、
    腰を抜かしそうな事態ですが、
    みんな意外とすんなり受け入れているのは、
    やはり人情味あふれる街ならではの感じがしますね。

    読んでいて、ほっこりにっこり、くすりと笑える楽しいお話だと思います。

    投稿日:2018/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • お人よし家族

    けんいちの家族が温かくてお人よしなところが凄くかっこいいなあと思いました。けんいちの自転車がおみこしを担ぎたいと言い出すとけんいちもおとうさんも協力的なのが、素晴らしいと思いました。なんにでもきっと家族でしっかりと頑張れるから意欲的になれるんだと思いました。

    投稿日:2017/05/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白いです

    6歳次女が大好きなシリーズです。

    今回は自転車が男の子と一緒に、「みこしをかつぎたい」と言い出すお話です。普通に自転車がみこしをかつぐという状態がありえない状態なんですが(笑)、このシリーズは普通にそのありえない状態を楽しんでしまえるんです(笑)

    でも、このシリーズはとても大事なことも織り込んでいて、例えば「物を家族の一員やと思って大事にする」とか「人には言いたくないことや行ってほしくないことがある」など。

    大人にもおすすめです。

    投稿日:2017/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自転車だけに

    小学校3年生の娘が図書館で借りてきました。
    「わがままおやすみシリーズ」は、楽しい挿絵と読みやすい文章で、読書が苦手な娘でも、楽しく読めるので、好きなようです。
    お祭りのお神輿に参加したいと言い出したじてんしゃ。周りに迷惑をかけるけれども、支えるけんちゃんとお父さん、いい人です。
    自転車だけに、まさに「ほねやすみ」というのが笑えました。

    投稿日:2017/01/11

    参考になりました
    感謝
    1

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット