話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

もりのこびとたち」 みんなの声

もりのこびとたち 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:おおつか ゆうぞう
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:1981年05月
ISBN:9784834008418
評価スコア 4.49
評価ランキング 9,762
みんなの声 総数 34
「もりのこびとたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • おしまいのない おはなし

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     絵本を開いて、一番驚くのは、構成の仕方です。
    全ての見開きのページで、
    左側は、明度をつかって白黒の濃淡で、
    右側は、彩度をつかって深い森のなかの世界を描いています。
    その中で、こびと達の帽子の赤と白が
    眼に飛び込んで印象的です。
    文章は全て、左側に書かれているので、
    右側では、心おきなく絵画を楽しめます。
    贅沢なレイアウトに感激します。

    こびとの家族の一年を追ったお話は、
    大冒険や大事件があるわけではないけれど、
    こびと達の日常そのものがファンタスチックで、引き込まれます。
    まつかさのよろいで闘ったり、
    かえるやこうもりと仲良しだったり、
    妖精とシーソーしたり・・・夢の様なことばかり。
    こびとになった気分になってきます。
    ファンタジーだけど、身近に感じられる世界ですね。
    作者が最後に語っているように、
    続きのお話を、自分でも考えられそうな気がしてきます。

    投稿日:2007/02/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • 挿絵が綺麗

    挿絵が柔らかなタッチで可愛らしいですね。
    お父さんがまつぼっくりで武装しているところは、考えられているなぁと思いました。

    全体的には森に住む小人達の暮らしを1年を通して描いているという感じで、淡々としており、何か凄い展開がある・・・という感じではありませんでした。

    投稿日:2019/06/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 森の小人たちの生活

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    森の小人たちが、他の生き物とともに、穏やかに楽しく暮らしている様子が伝わってくる絵本。

    「こんな小人たちが自分の知らないところで暮らしてるんだ」と信じてしまうほど、詳細に書かれているのに、最後の言葉に「作り話」であることが突き付けられるようで…少し残念な気分になった。

    子どもなら楽しんでお話の続きを考えられるのだろうか。

    投稿日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっとこわい…

    3歳の息子チョイスで、図書館で借りた絵本です。

    うーん…息子は何だか気に入ったみたいで、何回か読んで〜とせがんできましたが、ワタシは途中に出て来るおばけみたいなのが妙に気持ち悪かったので、あまり好みではなかったです…。
    寒々しいお話だし…。
    お父さん、松ぼっくりで武装している様子がまたちょっと気持ち悪かった…。

    投稿日:2009/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 森の中の世界への誘い

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳、女の子1歳

    森の奥に暮らす、こびとの家族の一年間が描かれています。赤いぼうしをかぶったかわいい子どもたち。自然の中で、のびのび遊ぶ姿がとても可愛らしいです。読み手の想像が鮮明に膨らむは、影絵のようなモノクロの場面とカラーの場面が入れ替わったり、緻密で美しいイラストが絵本の世界へと導いてくれるからかなとも思いました。

    投稿日:2021/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いるのかな、もりのこびとたち

    森の中には、こんな小人たちが本当にいるのかも、と思ってしまうほどに、小人たちの一年間が詳細に描かれています。
    決して派手さはありませんが、みんなできのこを集めたり、妖精たちとシーソーをしたり、ふくろうの学校で沢山のことを学んだりと、とても夢があり、
    子供たちが被っているきのこそっくりの帽子も、とてもかわいかったです。

    投稿日:2021/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しいイラスト!

    エルサ ベスコフの美しいイラストと現実とはまた違って世界を描いている,絵本の醍醐味ともいえる絵本に思いました。
    「こびと」って絵本の中だけのものなのかな?実は本当にいるのかも!読み手の子供たちはそんなふうに思うかも知れませんね。
    そのくらいイラストが誤魔化しがなくて美しい絵本です。

    投稿日:2018/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も文章もとても丁寧です

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    森に住むこびとたちの暮らしを描いたお話です。家族の生活やきのこ採りのことや鳥の学校のこと、丁寧で素敵な絵と、静かな文章で綴られています。文章が淡々としているのでこびとの図鑑を読んでいる感じもあり、本当にこのこびとたちがいるのではないかと思えてきます。

    投稿日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こびとの暮らしって素敵

    雄々しいお父さんと優しいお母さんに守られながら、森の中で自然の恵みを楽しんだり、時には敵と戦ったり。大草原の小さな家シリーズの小人版を読んでいるような気分になりました。
    暗くて長い冬や、森のようせい達が北欧の雰囲気を物語っています。
    生きる知恵を子供達に伝えていきながら、家族みんなで力をあわせるシンプルな小人達の生き方は、今の時代ではなかなか難しく素敵だなぁと思います。

    投稿日:2016/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な世界

    読んでいると、まるで森にはほんとうにこういうきのこの帽子をかぶったこどもたちがいるのではないかと思ってしまいます。
    森の中での生活がくわしくリアルに描かれていて見入ってしまいます。想像の世界に連れていってもらえる不思議な絵本だと思います。絵がとても魅力的です。

    投稿日:2016/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか


2022年1月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット