どうようクラシック 名曲ピアノえほん 改訂版 どうようクラシック 名曲ピアノえほん 改訂版
 出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
37鍵盤、正しい音程、和音もひける本格ピアノ絵本。童謡・アニメソング・英語・クラシック、全50曲の自動演奏&楽譜つき。

きょうりゅう きょうりゅう」 みんなの声

きょうりゅう きょうりゅう 作・絵:バイロン・バートン
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784198612207
評価スコア 4.13
評価ランキング 19,516
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 時間がゆっくり経過している世界

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    ウチには男の子がいなかったので、乗り物系や恐竜系の絵本はあまり手にしたことがありませんでした。

    文字の少ない低年齢向けの絵本です。
    見返しの部分には絵本に登場する恐竜たちと、その名前が書かれています。
    絵が大きくはっきりしていて、その風景が遠近法で描かれているのが面白かったです。
    正確な遠近法の描き方ではないんですけどね、この向こうに「これ」があって、ここの先には「これ」があった。
    というのが、ページをめくると分かるので楽しいです。
    恐竜の特徴をずばり一口で言い表し筒いちにちが過ぎて行ったり、気象が変化したりと、ゆっくり時間が過ぎているのが伝わってきます。
    今度小さな子どもたちに読んでみたいです。

    投稿日:2018/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の色使いが素敵

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    恐竜といえば、緑から茶色のイメージで育った私にとって、初めて見るカラフルな恐竜の絵本でした。
    先入観などない子どもには、恐竜といえば、こういう色使いになるのでしょうかね。
    良い意味で、期待を裏切ってくれました。
    また、それぞれのページに、前のページに出てきた恐竜が居て、恐竜の説明だけじゃなく、ストーリー性があって良かったです。
    子どもも、ここに居たねーと言いながら読んでいます。
    子どものお気に入りは、しっぽにコブのある、アンキロサウルスです。
    私も名前を覚えてしまいました。
    恐竜の入門書としても良いかと思います。

    投稿日:2017/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親しみやすいきょうりゅう

    「ひこうじょう」の作者の方の作品だ!

    黒い縁ではないのに
    はっきりした絵です
    折り紙で切ったようにも見えるな〜
    同系色を使っていたり
    土の色がピンクだったりするけど
    違和感がないです
    センスなんでしょうね

    単純化したきょうりゅうなので
    怖くないし
    逆に、かわいい感じで
    小さい子から親しみを持てる感じ

    「おおむかし」から始まって
    言葉も説明ではなく
    絵を見ればわかるし
    特徴もつかんでいます

    裏表紙に紹介されています
    小さい子からOKですね

    投稿日:2013/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 簡単〜

    この絵本は二歳前後の恐竜の好きな子に向いてるかも!!うちの子は恐竜の名前を結構知っていたので、この絵本は簡単だって言ってました。この絵本には恐竜のまま絵がお話の中では出てこなくて、本の最初と最後にまとめて書いてある感じなのです。恐竜好きに。

    投稿日:2012/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜好きなら・・・

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    親戚の家に遊びに行った時に置いてあったので読みました。娘は恐竜に全く興味がないので、おそらく図書館や本屋さんなどでは手に取ることもないでしょう。
    で、読んでみてやっぱり「ふ〜ん」って感じです。私も娘も恐竜に魅力を感じないからでしょうか、恐竜の名前が書いてある表紙裏も、いろんな恐竜がページごとに載っているのも、特に惹かれませんでした。
    色彩はきれいで、娘はページごとに太陽の色や空の色が変わるのには少し反応していました。でも、特にストーリーもないので、「もういっかい」はありませんでした。

    投稿日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなきょうりゅう

    いろんなきょうりゅうを、小さなお子様に
    わかるように説明してくれています。
    たくさんでてくるので、もっともっと知りたい
    という気もちになりました♪
    きょうりゅうに興味を持ち始めたお子様にも
    よいと思いますよ♪
    なぜかきょうりゅうって、見たことないんです
    けど、身近に感じます。

    投稿日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフル

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    恐竜大好きの3歳の息子に読みました
    博物館にも行き、図鑑も読んだ息子には
    新鮮で楽しい絵本でした
    恐竜は化石しかないので本当はどのような色だったかわからないそうです。この絵本はとてもカラフルに描かれていて、
    「こういう色だったらたのしいね」と息子とお話しながら読みました
    大きさや形、強さ様々な恐竜がいたことに
    改めてはるか大昔の神秘に不思議な気持ちになりました

    大きな字と簡潔な文章で
    3歳の息子が自分で読みました
    よっぽど気に入ったようです

    投稿日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルな恐竜がフレンドリー

    恐竜好きな3歳の息子が自分で選んだ本です。

    恐竜は緑色や茶色で描かれることが多い中、これはカラフルでかわいい目をしていて親しみやすく書かれています。そして恐竜の名前がカタカナではなく、ひらがなで書いてあることも特徴的で、ひらがなが少しだけ読めるようになった息子は繰り返し読んでいました。

    恐竜の本の中で、最も小さな子でも親しみやすい本ではないでしょうか。

    投稿日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子向け

    息子は恐竜に興味がないわけではなさそう(でも乗り物の方が好き)ですが、絵本で当たりだったことはありません。

    絵が好きだったので、息子に読んでやったところ、「すぐに読み終わっちゃったね」との感想。色々な恐竜が登場するものの、羅列だったのがつまらなかったようです。

    もっと小さいうちならまた違った反応をしたのかもしれません。

    投稿日:2010/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜

    漢字で、「恐竜」と書くと少し怖い感じがするのですが、表紙の明るい絵とひらがなの、「きょうりゅうきょうりゅう」に、惹かれました。
    中を開くと恐竜図鑑のようでした。なんだか、明るいし色も綺麗なので
    親近感が持てました。文字も少なく、小さい子向きで恐竜入門によさそうです。孫も怖がらずに見てました。

    投稿日:2010/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット