どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

にんじんとごぼうとだいこん」 みんなの声

にんじんとごぼうとだいこん 作:(日本民話)
絵:和歌山 静子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年
ISBN:9784790260233
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,158
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • だから、そういう色なのね!

    小学校の読み聞かせで低学年の子達に読みました。

    にんじん、ごぼう、だいこんがお風呂に入るという設定もおもしろいところです。また、せっかちなごぼうは体を洗わずにでてまっくろのまま、人参は大根はきれいに洗って真っ白、人参は長湯して真っ赤になったという話が身近な野菜の色がどうしてそういう色なのかおもしろおかしく伝わるいい本だと思います。

    低学年の子達は「え〜そんなはずないよ〜」といいながら、しっかり話に聞き入ってくれていました。

    ちなみに英語版もでているので今度は英語版も読み聞かせしてあげたいな〜と思いました。

    投稿日:2012/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野菜好きになって欲しい。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    「にんじんとごぼうとだいこん」と「にんじんさんがあかいわけ」は同じ内容だったということに、読んでみて気づきました。1,2歳は「にんじんさんがあかいわけ」の方が文章が面白くて良いと思います。赤ちゃん本から幼児本へと移っているところなので、こちらも楽しめました。この本を読んでいて、絵本だけでなく、実物もしっかり見せてあげた方が絵本とリンクできて内容理解が深まると思いました。この絵本は幼児〜小学校低学年まで内容の捉え方は異なると思いますので、また成長してからも読んでみたいです。
    この本をきっかけに、野菜がより身近に好きになって欲しいです。

    投稿日:2018/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お風呂

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    私自身が小さい頃から知っているお話で、大人とお風呂に入った時、よくこのお話を話題にした記憶があります。

    読み聞かせボランティアメンバーが、特別支援学級の教室で読みました。
    学校の菜園で、子どもたちが大根を育てて販売しているので、この本を選んだそうです。

    小さい本なので、子どもたちに見やすいかしら?気になりましたが、シンプルな絵とシンプルなお話のおかげか、内容はよく伝わっていて、みんな楽しそうに聞いていました。
    あとから、地域の図書館に大型絵本もあることに気づきましたが、運んでくるのが大変かもしれません。
    英語版は中学年クラスに使えるかも…と思いました。

    投稿日:2017/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 説得力があります

    上の息子が幼稚園の未就園児の会に参加したとき、
    幼稚園の先生方が紙芝居をしてくださったお話の絵本
    を見つけたのでちょうど同じお年頃になった娘に借りてきました。

    お野菜たちがお風呂に入るという
    日常生活に即したお話なので2歳児でも十分理解できます。

    子供向けのお話とはいえ、とても説得力のあるお話で
    なるほど!だからあの色なのね〜〜とうなずけます。

    暑がりですぐお風呂から逃げる娘には
    「ごぼうさんみたいになるよ〜〜」と脅してます(笑)が
    娘も娘で「あっつい!あっつい!もういいよー」と
    絵本さながらの返答。

    お風呂が好きな子も、嫌いな子も
    野菜が好きな子も、嫌いな子も。
    是非是非読んでいただきたいです。

    投稿日:2015/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいイラストで楽しめます

    かわいらしい野菜たちのイラストに惹かれて手に取りました。
    なぜにんじんが赤くて、ごぼうは黒く、大根は白いのかのおはなし。日本の民話なので他にも絵本になっています。『にんじんさんがあかいわけ』なども読みました。同じおはなしでも絵が違うと、また違った味わいがあるから不思議です。
    文章も語り口調でリズムもよく、楽しく読めました。

    投稿日:2015/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 納得してしまいます!

    にんじん、ごぼう、だいこんが真っ黒な色で登場するのが、可愛くて可笑しくて笑えました。にんじんが水を汲み、だいこんが蒔きを集め、ごぼうが火を焚くと協力して仲良くお風呂・・・・・・・「ふうふう!パチパチ ほっこ
    ほっこ ふうふう!パチパチ ほっこ ほっこ」にこやかになれて優しい気持ちになれます。妙に納得してしまう日本昔話、孫たちに読んでやりたいです。絵も可愛くて身近な野菜の話に満足します!

    投稿日:2015/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ昔話でも

    同じタイトルの昔話で、違う絵本を読んだことがあります。
    ストーリーが同じでも、絵や文章が違うとこんなにも受ける印象が違うのですね。そのことに驚きました。
    同じタイトルの昔話であれば、どれか1冊を読めば十分と思っていたのですが、今回その考え方が覆されました。
    今後はこうして何冊か読んでみたいと思います。

    投稿日:2015/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜の色の秘密

    にんじんとごぼうとだいこんが一緒にお風呂に入る、という設定がおもしろいです!

    畑から出たばかりで、まだ真っ黒な野菜たち…。
    一番最初にお風呂から上がるのは?ピカピカに体を洗うのは?最後まで我慢強くお湯に浸かってるのは?

    シンプルで分かりやすい絵と文章が、とってもいいですね。
    野菜の色の理由がわかる、楽しい絵本です。
    私も子供ながらに、なるほど!とすごく感心したのを覚えてます。
    懐かしいなぁ〜

    頭にタオルを巻いてる姿がとっても可愛くて、よくマネしてました(笑)

    投稿日:2013/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の民話

    タイトルの通り、人参とごぼうと大根のお話です。

    先日、同じタイトルの違うお話を読みました。
    私も子供も、こちらのお話は、以前から知っていたので、何だか懐かしくもあり、ホッとしました。

    民話なので、地域によっても異なるのかな〜と、新たな発見が面白くもありました。

    投稿日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい絵にひかれます。

     この絵本、題名のとおり、にんじんとごぼうとだいこんが出てきます。

     小さな子ども達のはじめての昔話として、とっても最適な絵本だと思います。話の内容は、ご存知の方も多いかと思いますが、にんじんはずっと長いことお風呂に入っていたから赤い色になったんですってという感じのお話です。

     にんじんを指差して、「このお野菜、な〜んだ?」と聞いてあげたりすると、きっと小さな子どもさんは一生懸命考えるでしょうね・・・。なんだか、子ども達が小さかったときのことを思い出します。
    知っている野菜だと、大きな声で喜んでよく答えてくれたな!と思い起こされます。

     絵もすごくかわいらしくて、きっと子どもさんたちのお気に入りの絵本になることと思います。

    投稿日:2011/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット