宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぐりとぐら」 まこちゃんままさんの声

ぐりとぐら 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年01月
ISBN:9784834000825
評価スコア 4.83
評価ランキング 124
みんなの声 総数 614
  • この絵本のレビューを書く
  • ほのぼの〜

    「今日は何読もう〜」と聞くと
    「ぐりとぐら」を持って来ます。
    いつの間にか夜寝る前に三歳の息子に読むのが日課になっています。


    何がこんなに惹きつけるのか?

    まず、表紙

    青い字でぐり、赤い字でぐら
    ねずみの帽子と服と同じなので、どっちがどっちかすぐ考えればわかる。そんなところから始まり・・・。


    つぎに、歌

    「ぼくらのなまえは・・・」と歌がまたリズムがよくて、
    ますますワクワク***何が始まるの?って気持ちになる。


    そして、カステラ

    食べることが大好きな息子は、いつも
    「カステラ作りたい」「食べたい」という。


    最後に森の動物

    たくさん出てきて、どんな動物がいるのか、
    全部で何匹いるのか数えたりするのも楽しみ。


    そして、

    「さあ、このからで、ぐりとぐらは なにを つくったと おもいますか?」としめくくられている。
    息子は「どうやって、タイヤをつけたのか?どうしても気になるみたいだ。

    絵も可愛くて、ほのぼのとしていておすすめの絵本です。

    投稿日:2010/09/23

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぐりとぐら」のみんなの声を見る

「ぐりとぐら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / おやすみ、ロジャー / スリランカの昔話 ふしぎな銀の木 / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット