虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ぐりとぐら」 みんなの声

ぐりとぐら 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年01月
ISBN:9784834000825
評価スコア 4.83
評価ランキング 122
みんなの声 総数 614
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

614件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 自分の子ども時代にもどれる絵本

    「ぐりとぐら」誕生50周年、おめでとうございます。

    この絵本は私自身が3歳の時にリアルタイムで母に読んでもらった絵本です。おおきなたまご、そしておおきなカステラ、たまごのカラで作った車。

    読んでもらっているうちに、この絵本の中にすっぽりと入り込み、一緒になってカステラをわけてもらった気分になりました。それはそれは心躍る体験でした。
    母の声とともに、鮮明に記憶しています。

    その記憶があったので、家庭文庫活動を25年も続けてくることができました。

    その後、4人の子どもたちにもそれぞれ読みました。男の子も女の子も「ぐりとぐら」は大好きでした。「ぼくらのなまえはぐりとぐら・・・このよでいちばんすきなのは おりょうりすること たべること」兄弟姉妹4人が声を揃えて唱えたものでした。

    いずれ孫ができれば、やっぱり「「ぐりとぐら」は読んであげたいな。7冊全部すでに持っているけれど、まだ見ぬ未来の孫のために、今回また7冊セットを買っておきたいと思います。

    「ぐりとぐら」は、私の心の中に大切な大切な種を蒔いてくれた大事な絵本です。

    投稿日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    5
  • つい昨日の、遥かな思い出

    もう30歳を超えてしまった私のかわいい「蝶よ花よ娘」が、「グリ、グラ、グリ、グラ」と何回も何回もつぶやきながら一人遊びをしている姿が、この絵本シリーズを目にすると思い出されます。
    その時の彼女にとって、グリグラは果たして名前だったのだろうか。
    何か楽しいことが起きる、呪文ではなかったのか。
    文字はまだ読めないままに、絵本を開いてあたかも読んでいるように一人でページをめくっていることもありました。
    今時ならば、スマホで撮影するところでしょうが当時のこととてビデオカメラも持っていなかったけれど、私と妻との心の中にはっきりと鮮やかにそして生き生きと当時の姿が焼き付いています。
    離れて暮らす「蝶よ花よ娘」に、今度もう一度読んでやりましょう。
    (聞いてくれるかな)

    投稿日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    4
  • 歌のメロディー

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    定番中の定番ではずれなし!って感じでした
    私も子供の頃によく読み、大好きだったので息子にもと思い買いました

    大好きなのは「残った殻で何を作ったとおもいますか?」と
    聞いているのに、最後のページは無音で終わる感じが好きです
    いつも息子とこれは「電車なのか車なのかと」議論になります
    乗り物好きの息子にはそんなところが気になるようで興味深いです

    ♪お料理する事食べること♪ぐりぐらぐりぐら♪
    っていう歌うところのメロディーをいつも悩みます
    でも息子が大きくなってうちはこんな歌だった!って覚えていられるように「うちの歌」みたいなのを作ろうと思いました

    楽しみです

    投稿日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • おいしそうな絵本1

    米原万里さんのエッセーで、映像や活字にされた食べ物を食べたくなるには法則がある、というのがありました。馴染みの素朴な品であることと、主題ではなく小道具やディテールであること。さもありなんと思います。ぐりとぐらシリーズのどれにも、身近なカステラとかオムレツとかが、実においしそうに登場します。のねずみのぐりとぐらは、この世でいちばん好きなのは、お料理すること食べること、なのです。これを読んでは、こどもとクッキーやカステラを焼いて騒いでしまうのは、影響されやすい私だけでしょうか。楽しい楽しい絵本です。名脇役のおおかみさんやこぐまちゃんなどもうちでは人気で、この絵本のこっちにいたけどあの絵本のここにもいておんなじだ、等と大喜びです。

    投稿日:2003/09/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 時代を感じさせない

    • クリ先生さん
    • 40代
    • せんせい
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子11歳

    仕事柄子供たちに読み聞かせを毎日しています。たくさん児童書がある中でこの本は必ず毎年子供たちに見せている本の1冊です。絵本の中に出てくる特にふわふわのパンケーキに子供たちは目を輝かせます、だって子供たちにとってあまりにも大きなパンケーキは魅力のようです。この本を読んだ後にパンケーキならぬホットケーキを子供たちとクッキング、絵本と重なり大喜びで少しずつ大事に口に運んで食べている姿を見て、ぐりとぐらの世界を楽しんでいいるんだな〜と。これからもずっと読みつずけて行く素敵な本です。ぐりとぐらが卵のかけらを車にして乗っているのも大好きな場面です。

    投稿日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子2代のファンです

    息子や娘の絵本は、ほぼ残してあって、いつか孫たちに読み聞かせることができたらなあと思っていました。「いないいないばあ」から始まったばあばの読み聞かせで、順調に絵本好き孫が育ちました。子どもたちの時より、ずっと心がこもっていたのかもしれません。
    その孫のために、「ぐりとぐら」を新しく買いました。この本は、自分の家に持ち帰りたいのだそうです。

    投稿日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • たぶん子供の時にこの「ぐりとぐら」と「しろくまちゃんのホットケーキ」に出会ってしまったお陰で、私は食べることが大好きになってしまった気がします。

    森で大きなたまごを見つけたぐりとぐらが何を作るか、どうやってはこぶか、子供の冒険心をくすぐる展開です。楽しそうに話し合い、歌いながら、カステラが出来上がるのを待っている様子は、本当に美味しそうなにおいがしてくるようです。森の動物達にも分け与え、みんな仲良く黄色いカステラを持って食べる姿も平和でほんわか幸せな気分になります。小さな子供にもわかりやすいストーリー、誰もがあまくてほわほわのカステラを想像し、心躍る、これから先もずっと読み継がれていく絵本だと思います。

    3歳の頃からこの本を読んであげていた息子も娘もやっぱり食べることが大好きな、幸せそうに食べる子供達です。

    投稿日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子二代でお世話になっています!

    30年以上前に私が母に読んでもらっていた大好きな「ぐりとぐら」。たくさん読んだそのボロボロの絵本を、今では3歳の息子と毎日のように読んでいます。ぐりとぐらの会話がテンポ良く、かわいらしく、読んでいてとても愉快な楽しい気分になります。息子は普段の会話でも「うん、それはいいかんがえだ」「しかたがない。ひっぱっていこう」など、ぐりとぐら語(?)をよく使っていて、そこからまた会話が広がりとても楽しいです。

    投稿日:2013/09/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可愛いです

    実は、タイトルは昔から知ってはいましたが、私は読んだことがありませんでした。
    実際、息子に読んでいると、ちいさなのねずみが、大きい卵を・・・と続いていくのですが、かわいっくて、夢のある絵本だと思いました。

    息子も、絵本の中に入っているかのように楽しんでいました。
    ぐりぐらシリーズは、やっぱり子供たちを虜にさせるものがあるんでしょうね。

    投稿日:2013/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぐりぐらがいいの〜

    寝る前のひととき、
    薄暗くなった部屋にある本棚から
    2歳の息子はガサゴソと本を取り出し始めます。

    「ぐりぐらがいいの〜」

    少し黄ばんだ、ぐりとぐらの本。
    30年前私が読んだお下がりの本。


    ぐりとぐらが、森の中でどんぐりや栗を拾ったり、
    大きな卵をみつけたり、
    その卵をどうやって運ぶか考えてみたり・・・・
    息子も、2匹が腕組みして考えていると、腕組みしたりして
    ぐりとぐらのお話の中へぐいぐい引き込まれてしまいます。



    最後に、ぐりとぐらのカステラが出来上がると、
    カステラを一つつまんで、隣の部屋にいるパパまで
    「どうじょ」と届けに行きます。
    それから、ママに「どうじょ」。
    最後に息子も「あま〜い」といって食べるのです。

    長い年月読み継がれ、優しい時間をくれる温かな絵本です。

    投稿日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    1

614件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / くだもの / スリランカの昔話 ふしぎな銀の木

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット