季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

まゆちんさんの公開ページ

まゆちんさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、小4男 小3男 年中女

まゆちんさんの声

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 好きだなー  投稿日:2007/09/12
ひ・み・つ
ひ・み・つ 作・絵: たばた せいいち
出版社: 童心社
天国っていけるのかな?という素朴な疑問や
誰かとひみつを持つというドキドキ感。
子どものころ、誰しも感じたことのある懐かしい感覚。

おばあちゃんの孫に対する素直な優しい気持ちと、
それを受けての孫の発想の自由さの気持ちのよいこと!

話の展開もぴったりしっくり、私はいっぺんでこの絵本が
大好きになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい じっくりゆっくり見たい!  投稿日:2006/10/26
はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー
はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
正義感あふれる除雪車のけいてぃーはみんなの期待を背負い、それに応えていくストーリーの後味がいいようです。
読んでスッキリ、明日もガンバルゾ!という気持ちになります。また、バートンの細かいイラストが魅力で、トラックの側面や看板に書いてある字を探して読むのもおもしろいし、絵本の内容とは別でページごとのたくさんの細かなイラストが素敵で、それをじっくり見るのもお楽しみ。
地図のページでは1〜30までどこに何があるか指差し確認したりもします。図書館で見つけた絵本だけど、2週間ではとても返せなくて買ってしまった絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい へんなのがおもしろい  投稿日:2006/07/14
11ぴきのねことへんなねこ
11ぴきのねことへんなねこ 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
11ぴきシリーズ、いくつか読んでいます。11ぴきのねこたちってこどもそのもの!自分たちがかわいくて、ちょっとずるくてやさしくて、楽しいことが大好き。そんなところが子どもたちの心をつかむんですね。はなびのページがとってもキレイで楽しそう!川で魚を獲ったり花火をしたり、夏にしたくなることですよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドキドキを一緒に味わう  投稿日:2006/07/14
しんかんせんのぞみ700だいさくせん
しんかんせんのぞみ700だいさくせん 作・絵: 横溝 英一
出版社: 小峰書店
自分たちで電車に乗るって幼稚園の子どもにはまだできません。でもこの絵本では自分たちだけで電車に乗り、知らない風景、しらない場所で一緒に不安になったり、勇気を出したりできます。成長の過程でいつかは体験するだろう気持ちを絵本で一緒に味わえます。ちょっと気の弱い我が家の子どもたちには気持ちを鍛えるいい練習になりました。決して電車オタクではない我が家ですが、オタクじゃなくても十分楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たいようやほしに興味があるから  投稿日:2006/07/12
ひるとよる
ひるとよる 作: ヴァレリー ギドゥー
絵: レジス ファラー
訳: とき ありえ

出版社: 文化出版局
もともと「おひさま」「おつきさま」「風」なんて要素が入っているとなんとなく手にとってしまう私。そんな私の影響もあってかこどもたちも太陽やお月様が好きみたいです。それならばとこの絵本でこどもたちに抵抗なく学んでもらえたらと思って購入しました。仕掛け絵本になっているので楽しく読めるみたいです。どこまで理解してくれているかはわかりません!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 四季と季節ごとのイベント  投稿日:2006/06/13
ぐりとぐらのうたうた12つき
ぐりとぐらのうたうた12つき 作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
1〜12月まで、リズミカルに読めます。
季節ごとのイベントがわかってとてもわくわくします。家族兄弟の誕生月は何月かも自然に覚えたようですし、ぐりとぐらが仲間たちと自然を楽しみながらの絵が素敵です。
日本には四季があり、それぞれの行事があることを楽しみながら子どもたちに伝えていける絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わかりやすい!楽しい!  投稿日:2006/06/09
バルンくん
バルンくん 作: こもり まこと
出版社: 福音館書店
ばるばるばるーん!楽しく明るく読むのがポイントです。バルンくんが車庫を出て楽しく走るだけ。内容も単純でわかりやすく楽しい。私が元気に読んでいると子どもたちも声を合わせて一緒に「ばるーん!」
みんな楽しい気持ちになる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雪がさらに素敵に思える  投稿日:2006/06/08
こんやはすてきなゆきのよる
こんやはすてきなゆきのよる 作・絵: しばはら ち
出版社: 鈴木出版
この絵本は私が絵本にはまるキッカケになった思い出のファースト絵本です(^^)その頃はまだ絵本に興味がなく、クリスマスくらい毎年絵本でも買い足していくか・・・って軽い気持ちで本屋の店頭にあったものを手にしたんです。
ところが、この絵本がよかった!子どもの頃、雪って空から降ってくるのを上むいて眺めてるだけでも楽しかったけど、この絵本はそれをさらに夢膨らませて、雪がお花になったり、おだんごになったりしちゃう。とっても楽しくなる絵本です。冬の季節にピッタリの、わくわくする絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くろを悪いイメージにしない  投稿日:2006/06/08
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
もともとお絵描きが好きな我が家のこどもたち。この絵本の影響かお絵描きによく”空にお日さま、地面にはお花”が登場します。またこの絵本の夜空に花火が上がる様子を実際やって見せたくて、絵本以上にくろのクレヨンをすり減らして花火を作って見せました。親の私も昔よくやった遊びだし、子どもたちにも教えることができるきっかけになり、よかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カレーが食べたくなる!  投稿日:2006/06/07
ライオンさんカレー
ライオンさんカレー 作・絵: 夏目 尚吾
出版社: ひさかたチャイルド
子どもたちが幼稚園入った頃くらいまで、ずいぶんと読みました。野菜を切ったり、かき混ぜたり、カレーを作るお手伝いを絵本でしながら大好きなカレーがますます楽しいものになっていったことでしょう!最後に出来上がるライオンさんカレー。何度かサプライズで作って出したことがありますが、それはそれは喜びました。子どもが一緒に参加できる絵本です。
参考になりました。 0人

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット