話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

TOP500

ゆりわんちゃん

ママ・40代・宮城県、女の子20歳 女の子15歳

  • Line

ゆりわんちゃんさんの声

852件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 季節感あふれるおべんとう!  投稿日:2015/10/05
おべんとう だれと たべる?
おべんとう だれと たべる? 作・絵: あずみ虫
出版社: 福音館書店
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

“おべんと おべんと ○○さんのおべんとう
ぎゅぎゅっとつめて どこでたべる? だれとたべる?”

このフレーズが続くんですが、おべんとうがなんともお洒落!
よくよく見たら、あっ、このお弁当は…秋のお弁当だ!(^^)
ちゃーんと季節感あふれるおべんとうで、見ていてとっても楽しい♪

どのおべんとうもおいしそうなんですけれど、
おばあちゃんの「スコーンべんとう」なんて、
6歳の次女が、「おぉ!食べたいっ!おしゃれ〜!!(^^)」と言っていました。
“ことこと煮込んだかきのジャム”なんて、素敵です☆
ねずみさんのきのこごはんは、長女が食べたい!と言っていました。

春のおべんとうのページでは、「ん?!○○のおにぎり?!(>▽<)」
な感じで盛り上がりました。
だれが食べるおにぎり?!となりましたが…うん、そうか。納得です(^^)!

切り絵っぽくておもしろいなーと思っていたら、
アルミ板をカッティングする技法なんですね!
そして安西水丸さんに師事、の一文を読んで、なんか納得でした。

難しいことなく、可愛く楽しく読めるので、
2〜3くらいのお子さんからおススメです。

みんなと仲良くおべんとうが食べたくなる一冊でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しく遊びながら学べます!  投稿日:2015/10/04
としょかんへ いこう
としょかんへ いこう 作: 斉藤 洋
絵: 田中 六大

出版社: 講談社
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

これは本当に面白いハウツー本です(笑)。
図書館のことが学べます。

図書館にきたらどうすれば良いのか?
図書館でやってはいけないことはどんなことか??

迷路、探し絵、間違い探し。
4択のクイズもあって、子供たち、全く飽きずに読んでいました。
そしていろんな所で大笑い(笑)。
うちの子たちは、
「もう帰ろうかと思うけど、本がまだ読みかけのときどうしたらいいか」
の4択クイズに、ゲラッゲラ笑っていました。
答えもきちんと載っていましたが、見ることもなく、
楽しみながら答えられました。

小学生でも楽しめるし、4〜5歳くらいのお子さんでも
十分楽しめると思いました。

遊びながら楽しく学べるシリーズ、他にも出ているんですね!
是非読んでみたいです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ボボンバボン!!(笑)  投稿日:2015/09/21
日本名作おはなし絵本 へっこきよめどん
日本名作おはなし絵本 へっこきよめどん 絵: 長谷川 義史
出版社: 小学館
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

富安陽子さんの文章と、長谷川義史さんの絵がマッチしていて大笑い(笑)。
最初、父ちゃんが子供たちに読んであげたのですが、
読んでる主人も子供たちもゲラッゲラ笑っていました。
私も聞いていて笑っちゃいました(笑)。
とにかくおよめどんとばばさまの掛け合いが面白いです。

「部屋」のオチも面白くって、みんなで笑いました!(^^)

ばばさまの気の良さもすがすがしくって、気持ちよかったです。

思い切りみんなで笑いたいときにおススメです!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 体験させてあげたい!!  投稿日:2015/09/21
まほうの夏
まほうの夏 作: 藤原 一枝 はた こうしろう
絵: はた こうしろう

出版社: 岩崎書店
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

眩しすぎる夏の思い出に、まず大人が魅了されてしまいました。
今の子供たちは、こんな体験、まずなかなかできないと思いませんか?!
うちの子たちは、ほぼこんな体験したことありません。
経験したことがあるのは、どしゃぶりの雨くらい??
くつの中に入った水が歩くたびにぐちゅぐちゅなるのも、
「あんたたちこの感覚、わかる?」って思わず聞いちゃいました。
「わかるよ!」って言ってましたが、ホントそれくらいじゃないでしょうか?
うちの子たちがわかる感覚。
しみじみ、「絵本のような体験させてあげたい!!」と心から思いました。
私もそんな田舎暮らししたことありませんが、
今の子たちよりは全然わかる!!だから体験させてあげたい!!!

田舎で育った主人が、「この本いいな」と絶賛していました。
一日中、力の限り、自然の中で遊ぶ。
今の世の中、なかなかできないですよね。
自然の中でのびのび暮らすことの素晴らしさがぎゅうっと詰まった一冊でした。
いいなぁ、憧れるなぁ、こんな生活…。

ホント、ただただこういう体験を子供たちにさせてあげたい。
たくましくなるんだろうなぁ、心も体も。

是非我が家の本棚に仲間入りさせたい夏の本だなと思いました。
おススメです!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 新しい友達探しの冒険  投稿日:2015/09/21
ともだちを さがそう、 ムーミントロール
ともだちを さがそう、 ムーミントロール 作: トーべ&ラルス・ヤンソン
訳: 当麻 ゆか

出版社: 徳間書店
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

海辺で手紙の入った瓶を見つけたスニフとムーミントロール。
手紙には「むかえにきてください」と書いてあり、
2人は新しい友達を探しに冒険に行くことにしましたが…?!

みんなおおらかで前向きな所がいいなーと思いました。
フローレンのやきもちにも、なんだかクスッとしてしまいます。

このシリーズは、見開き部分もかわいらくして毎回楽しみです。

ちょっと疲れた時、癒されたいときおススメです(^^)☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パン屋さんの一日☆  投稿日:2015/09/20
はやおきふっくらパンやさん
はやおきふっくらパンやさん 作: 山本 省三
絵: はせがわ かこ

出版社: 講談社
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

パン屋さんのお父さんの一日を描いた絵本ですが、
家族全員で協力しあう姿がとても素敵でした。
お店を切り盛りするのって大変!お父さんって大変!!
だけど働くって素晴らしい!家族って素晴らしい♪(^^)って思える本です。
うちの子たちは、朝3時に出勤するお父さんに「うへー!!」と言っていました。
いろんなパンを作らなくちゃいけないし、パン屋さんってホント大変なんですね。

見開き部分にいろんなパンが描いてあるんですが、
そこを見てはうちの姉妹、
「私が一番食べたいのはこれ!」だとかいろいろ盛り上がりました(^^)。
後ろ見開きの“店を閉めた後のお父さん”もイイですね♪
あ〜パン屋さんって本当にハードワークなんですね〜。

3〜4歳くらいのお子さんからおススメです。
大人が読んでも、楽しかったです(^^)☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 切ないけれど、素敵な本  投稿日:2015/09/20
ひろとチロのなつまつり
ひろとチロのなつまつり 作: 成田 雅子
出版社: 講談社
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

表紙だけを見て、「おっ、犬だし夏祭りだし、次女が好きそう♪(^^)」
なんて、楽しい絵本のつもりで借りてきたら…違いました。
とても切ない気持ちで、泣くのをこらえるお話でした。

大好きなペットの死を受け入れる。
とてもとても悲しくて、とてもつらいことです。
でも、生き物を飼えば避けて通れない道です。
我が家ではまだペットを飼ったことがありませんが、
娘たちも、生き物を飼う=いつか別れがくる
ということがどういうことなのか、このお話を読んでわかったような気がします。
最近犬を飼いたい!と言い始めた長女が、
「やっぱ犬、飼わなくていいや…」と言っていました。
生き物を飼うということはとても素晴らしいことですが、
楽しいことだけではなく、つらいこともあるということがわかったようでした。
とにかく切なくなりますが、大事なことを教えてくれた本でした。

心がきゅうっと切なくなりますが、とても素敵な本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本の中に!  投稿日:2015/09/20
しりたがりやのこねこのポコ
しりたがりやのこねこのポコ 作: 安藤美紀夫
絵: スズキ コージ

出版社: 復刊ドットコム
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

知りたがりやのこねこのポコ。
ちょっと怖いけど、思い切って階段をのぼって、まさとくんのお部屋に入ってみると…!

本の中に入ってしまう、不思議な世界がスズキコージさんの絵で
ますます幻想的に!!
数の本の所がとても娘たち、気に入っていました。
うまく表現できないんですが、すごく魅力的でワクワクする世界(^^)!
知らないことを知るって、こういうことなんですかねー。
ドキドキワクワク、知らない世界に入っていくって、こういう感覚だから
楽しいんでしょうか?
なんだか勇気が湧いてきますね(^^)♪
知らないことを知る勇気、足を踏み入れる楽しさをポコが教えてくれます!!

長女はどちらかというと、スズキコージさんの絵が苦手なんですが、
この本に関しては魅力を感じていました。
ポコが入り込んでいく新しい世界をもっと見てみたい!という気持ちになったそうです(^^)☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最新のジャッキー情報が満載!  投稿日:2015/09/09
MOE2015年10月号
MOE2015年10月号 出版社: 白泉社
最新のジャッキー情報が満載で、とっても可愛かったです!
あだちなみさんの、色へのこだわりを知ることができ、
ジャッキーの魅力をますます知ることができました。

「物語から生まれたかわいい切手」や「北欧好き女子のノルウェーの旅」などの企画も
面白かったです。
ノルウェー、行ってみたくなりました!(^^)

あとは工藤ノリコさんの、デビューまでの道のりも知ることができて
大満足な一冊でした。

次号のMOEも楽しみです!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひいばあちゃんとの秘密  投稿日:2015/09/06
ひみつのかんかん
ひみつのかんかん 作: 花山 かずみ
出版社: 偕成社
図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

お母さんの実家に遊びに行った「わたし」が、
どうしてひいばあちゃんと仲良くなったのかを教えてくれるお話です。
最初は特に仲良くもなかったひいばあちゃんに、
ひいばあちゃんの大事にしている「たからもの」が入った缶の中身を見せてもらったことがきっかけで
秘密の共有をして心が近づいた所がとても素敵でした。

ひいばあちゃんの子供の頃のお話を聞かせてもらうのですが、
明治、大正?の頃の、古き良き時代の日本の風景がとても素敵でした。
ちらっと出てくる戦争のお話も、心をちくっとさせます。

花山かずみさんの絵に、とても味わいがあって眺めているだけでも楽しかったです。

子供よりも、大人が読んだ方が心に残るかもなぁと思いました。
作者の想いが、柔らかく伝わってくる一冊でした。
参考になりました。 0人

852件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット