5歳 夏のおけいこ 新装版 5歳 夏のおけいこ 新装版
監・著: わだ ことみ  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪読者キャンペーンも実施中!

ぽてきちかあちゃんさんの公開ページ

ぽてきちかあちゃんさんのプロフィール

ママ・30代・滋賀県、男の子10歳

ぽてきちかあちゃんさんの声

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う コメツキくん  投稿日:2017/01/11
パッチン!とんでコメツキくん
パッチン!とんでコメツキくん 作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ

出版社: 偕成社
読み聞かせに虫が出てくるとテンションが下がりますが、エリックカールさんの描く虫はとても美しいので、ムシさんだということを忘れています。
コメツキくんの失敗しても何度も頑張る姿、それを見守りはげます周りの仲間達。
最初のページにコメツキムシの説明があり、あっ実際にいる虫の名前なんだと知り、勉強になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新作毎回楽しみです!!  投稿日:2016/06/08
このあと どうしちゃおう
このあと どうしちゃおう 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
ヨシタケシンスケさんの絵本は面白くて、親子で大好きです。

全て読ませて頂いています。

楽しい想像の世界がおもしろいです。

このあと・・とはおじいちゃんが天国へ行った世界のことでした

その世界がとてもとても楽しそうで(笑)

そして、地獄の世界もあり、 地味に嫌なことだらけで

ほんと、地獄っ!!と思いました(笑)

「天国と地獄ってホンマにあるん?」と子供は色々と考えていました。

今回の内容は斬新な楽しいお話+深イイ絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本が話しかけてくる!!!  投稿日:2016/06/08
まくらのせんにん そこのあなたの巻
まくらのせんにん そこのあなたの巻 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 佼成出版社
子供がパパに読んでもらい、爆笑していました。

面白い所が多いので、絵本が苦手なお子様にもおすすめです。

「そこのあなた」と絵本に話しかけられたり、パパが「そこのあなた」と言う

度に、笑っていました。

絵本を逆さにしたり、のぶみさんのしかけのないしかけ絵本のように

楽しむことができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気持ちってなに?  投稿日:2016/06/08
気持ちの本
気持ちの本 作・絵: 森田 ゆり
出版社: 童話館出版
面白系の絵本を読む子なので、読まないかな?まだ早いかな?と思

いながら、とりあえず買った事を伝え本棚に置いておきました。

小学二年生の宿題にどんな気持ちが書きましょう。

テストでは主人公の気持ちはどれですが、次から選びましょう・・。

国語の時間に、「気持ち」という言葉がよく出てきます。

気持ちを言葉で表すのが難しかったらしく、本棚からこの絵本を出して

きて、「あっ、これが気持ちかぁ。」と納得していました。

この絵本を読んでからは、気持ちに関する問題がスラスラと解けるよう

になりました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 田舎のおばあちゃん素敵  投稿日:2016/06/08
ハナちゃんのトマト
ハナちゃんのトマト 作: 市川 里美
出版社: BL出版
学校でトマトのお世話をしているらしいので、トマトが出てくる絵本を・・

と思い読み聞かせしました。

ハナちゃんのトマトを読み聞かせ中に、子供は学校でしているトマトの

お世話について沢山話してくれました。

そして「今日、水やるの忘れたー」と気付いていました。

ハナちゃんのトマトよりも俺のトマトの話になってしまいましたが…。

お話しに出てくる、田舎のおばあちゃんが素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい トマト観察の絵の参考にもなります  投稿日:2016/05/15
まっかっか トマト
まっかっか トマト 作: いわさ ゆうこ
出版社: 童心社
小学校でトマトを育てることになり、絵をかくこともあると思い、その時の参考になればと思い、読み聞かせしました。

トマトの育っていく色の変化などが本物に近いような絵で描かれているので、とても勉強になり、参考になりました。
武蔵野美術大学卒の方の絵だと知り、納得しました。

トマトを切った断面や育て方や栄養分のことまで、沢山のトマト情報がつまっている1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お片づけ絵本??  投稿日:2016/05/15
キュッパのはくぶつかん
キュッパのはくぶつかん 作: オーシル・カンスタ・ヨンセン
訳: ひだに れいこ

出版社: 福音館書店
北欧の絵が素敵です。 作者はノルウェー生まれ。

ひとつひとつの絵がおしゃれなデザインのようです。

色々な物を集めるのが大好きな、まるたの男の子

ひろってきたものを収納しようとするけれど、、もう入らない、、、。

最終的には、うちの子の捨てないでと言っているけれど、私にはガラクタ

にみえるモノ達をこういう形にして欲しいなと思えるような終わり方だった

ので、「キュッパみたいにする?」と今度言ってみようかなと思っていま

す。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 元気に発表しています。  投稿日:2016/05/06
教室はまちがうところだ
教室はまちがうところだ 作: 蒔田晋治
絵: 長谷川 知子

出版社: 子どもの未来社
この絵本を読み、学校で手を挙げて発表して間違えても、こわくない、はずかしくない、間違ってもいい、だから学校で勉強しているんだ。と思う事が出来ていると感じます。

小学校へ入学する少し前に読みきかせて、良かったです。
いい意味で固定概念を植え付けられたような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小学1年でも勉強しています。  投稿日:2016/05/06
おおきなかぶ
おおきなかぶ 作: A・トルストイ
絵: 佐藤 忠良
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
2、3歳の頃は子供をひざにのせて、「うんとこどっこいしょ」といいながら、かぶをひっぱるように体を一緒に動かしていると喜んでいました。

小学1年生の2学期には国語の教科書に載っており、読んだ事のあるお話なので嬉しかったようです。

パパがおじいさんの絵をみて、「おじいさん、テンション高いな」と言っており、それを見た子供がゲラゲラ笑っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リアルな日常  投稿日:2016/05/06
カボちゃんのはっぴょうかい
カボちゃんのはっぴょうかい 作: 高山栄子
絵: 武田 美穂

出版社: 理論社
ピーマン達のようにいじわるな子、楽器の演奏の苦手な子がいたり、い

ろんな事があり、成長していくお話しです。

この絵本を通して友達が困っていたら、助けてあげられるような子になって欲しいと思います。

子供はカボちゃんシリーズほぼ全て読んでいます。

小学生のリアルな日常が好きなのかもしれません。
参考になりました。 0人

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット