新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

ミルキーミルキーさんの公開ページ

ミルキーミルキーさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女の子13歳 女の子11歳

自己紹介
小さな娘2人ともみくちゃになりながら日々を送ってます。
昔から本は身近でしたが、文庫や図書館で借りることのほうが多く、ほとんどを忘れてしまっているので今やり直しているかんじです。
何度も読んだものを中心に、自分の記録として感想つけてます。
好きなもの
とにかくお話が好きです。絵本、昔話、児童文学、小説
キャラクターは丸っぽいのが好きです。ムーミン、バーバパパ、がまくん
動物で好きなのはブタ、パンダ、イヌ、クマ、トラ、オルカ…あ、動物が好きなんですね。
あとは花とおもちゃと自転車があれば幸せ。
ひとこと
育児をするようになって、堂々と絵本が読めることに喜びを覚えてます。
むしろもっと本が読みたくて、子供のためより先取りしてしまうこともしばしば。
お気に入りを何度も、と、もっともっとほかにも楽しいのを、の間でいつもあっぷあっぷしてます。

ミルキーミルキーさんの声

43件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 裏表紙がお気に入り  投稿日:2010/12/26
ノンタンこちょこちょこちょ
ノンタンこちょこちょこちょ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
最近外遊びが減っているので動く本をと購入しました。
読みながら一緒にこちょこちょできるので
ちょっとですが動きの足しになるし、あっちもこっちもすると楽しいです。

2歳の娘は中のお話ももちろん好きで
「はんにんはこれだ」のフレーズをすぐ覚えて自分でも適当に使ったり
ノンタンがママ、パパはくまさん、自分はブタさんってあてはめて
嬉しそうに見ているのですが
一番気に入っているのは、裏表紙です。
キャラとおやつを線で結んであるのですが
リンゴは〜ブタさん!
イチゴのケーキは〜うさぎさん!
線でなぞるのが面白いみたいで、読み終えたあとのお楽しみに。

もう少し大きくなったら細部の虫たちも気にするのかなぁなんて私が楽しみにしてます。ノンタンシリーズはシンプルやけど細かいところまで発見があって楽しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふくらむふくらむ  投稿日:2010/12/26
まあちゃんのながいかみ
まあちゃんのながいかみ 作・絵: たかどの ほうこ
出版社: 福音館書店
2歳にはまだ早いかなぁと思ったのですが
なかなかいい反応してくれました。

髪の毛を伸ばして伸ばして伸ばして
つりしたり投げ輪にしたり洗濯ひもにしたり森にまでなって
その発想の細かいところはわからなくても
各ページから夢のあるかんじが伝わってくるみたいです。

まぁちゃんのお顔がシンプルやけど輝いているから。

突拍子もない夢を次々に語るうちに
半信半疑やった友達が「それってとってもいい」って共感してくれるようになるのが個人的にとても好きです。
空想で満ち満ちた夢を友達と一緒に楽しめるなんて幸せ。
娘たちもこんな少女たちになってほしいな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱり抱っこかな  投稿日:2010/12/26
ねむれないの?ちいくまくん
ねむれないの?ちいくまくん 作: マーティン・ワッデル
絵: バーバラ・ファース
訳: 角野 栄子

出版社: 評論社
ねかしつけに苦労したことがあるなら
おおくまさんがなかなか寝てくれないちいくまくんに段々不機嫌になっていくのにどきりとする。
何度も何度も仕切り直しで自分の用事がちっとも進まない。

でも、子供もがんばってるのですね。

ちっとも寝ようとせずもそもそ動いてばかりの娘は遊んでるんやと思ってイライラしたものですが
ちいくまくんを見てると
あ、これでも眠ろうとしてるのか、と目からウロコ

結局助けを借りて、しっかり安心しないと眠れなくて手がかかるけど
それでこそやっぱり可愛くてたまらない。



娘も嬉しそうに自分とママにあてはめてました。
ついでにベッドでも同じようにころんとしてました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい せかいでいちばんだいじ  投稿日:2010/12/26
どろんこ こぶた
どろんこ こぶた 作: アーノルド・ローベル
訳: 岸田 衿子

出版社: 文化出版局
自分が小学生の頃に何度も何度も図書館で借りてた本です。
こぶたが好きだったのと
自由のために家出する冒険心に惹かれてたのかな。

けれど一番よく覚えているのは
クライマックスでおばさんが
「きをつけて。せかいでいちばんだいじなコブタなんだから」
と叫んだこと

「せかいでいちばんだいじ」
この台詞を次は子供に向かって言ってあげられると思うと
心の中で本はずっと生きてるんだなぁとつくづく感じます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大胆な構図が活きてます  投稿日:2010/12/13
風の子しりとり
風の子しりとり 作・絵: とだ こうしろう
出版社: 戸田デザイン研究室
一時娘がはまっていた絵本です。

風の子がやってきてほおの木やカエルとしりとり
見開き2ページで1つずつのシンプルな絵

くじら、らくだ、など定番のことばや
まんげつ、つの、など私はあまり使わなかったことばもあり
いつまでたってもしりとりって面白いなぁと思えます。

風の子は「か」で終わるのばかり選ぶので
「また、か、かぁ」なんてセリフを付け足しながら読んだり
「次なにかな?」「ちがったぁ」なんてさらに広げたり
シンプルだから飽きがこず長く楽しめる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もりだくさん  投稿日:2010/12/11
紙芝居 こねこのしろちゃん
紙芝居 こねこのしろちゃん 作: 堀尾青史
絵: 和歌山 静子

出版社: 童心社
黄色い画面が印象的なねこちゃんの紙芝居です。

きょうだいはみんな黒いのに自分だけ白いしろちゃん
くろくなりたくていろいろと試みますが、いつも止められちゃって

頑張る姿がとてもかわいいです。

長いお話ではないのですが、子守唄ありいたずらありどんでん返しありで
何度読んでも楽しめます。

お外でしろいねこを見たら「しろちゃん」っと娘はすっかりお気に入りです。
おかあさん猫のやさしさが素敵で
おとうさん猫の悠々っぷりがまた素敵

家族の温かいお話としてもおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やってみよう!  投稿日:2010/12/11
紙芝居 みんなでたいそう
紙芝居 みんなでたいそう 作: 新沢 としひこ
絵: 長谷川 義史

出版社: 童心社
ケンちゃんが体操してたら
うさぎさん、ブタくんとどんどんやってきて
みんなで一緒に体操します。

一緒に身体を動かしながらやると大喜び

ブタくんとしこふんだり
ヘビさんとぐるぐる回ったり
最後は深呼吸

じっと座ってではなく身体を使える紙芝居って面白いです。

ちょっと今日動き足りてないかなって時にも助けられてます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あっちいって  投稿日:2010/12/11
ノンタンいもうといいな
ノンタンいもうといいな 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ちょうど動き出した0歳の妹がいる娘のために買いました。

可愛い妹だけど、上の子にしてみれば邪魔されてばっかり
つきまとわれるのは嬉しいようなうっとしいような

現実にいちいち怒るのも可哀そうなので
この絵本でノンタンと一緒になって癒されてもらってます。

近頃毎日毎日こればっかり
兄弟の争いはいつまでも続きますが
絵本でも体験してもらうことで
ちょっと態度が柔らかくなってきた気がします。

悪気はないけど邪魔しちゃうタータンの表情がうちの妹ちゃんとそっくりで、ノンタンの嫌がり方もお姉ちゃんとそっくりで
どっちも出てくるのが私には嬉しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あそびは無限  投稿日:2010/12/11
岩波少年文庫 127 モモ
岩波少年文庫 127 モモ 作: ミヒャエル・エンデ
訳: 大島 かおり

出版社: 岩波書店
小さなころ映画になっているのを見に行ったのですが
灰色の男たちがとても怖かったことしか覚えてなくて
ずっと敬遠してました。

今になって読んでみるとなんと見事な物語であることか

無限の想像力で遊ぶ子供たち
そこに目の前にいる人を何より大切にするモモ

時間は切り詰めて消費するものではなく
瞬間瞬間を心から楽しんで愛しんでいくことこそが
ほんとに生きていくということで

いつでもそういう生き方をしていきたいと思えます。

子供たちも決まった遊び方しかできないおもちゃではなく
どうやってでも遊べるもので遊び
毎日毎日を自分たちの物語でいっぱいにしていってほしいと思いました。

いまさらだけど私もモモになりたい。
いっぱい力が湧いてくる大事な一冊になりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい すらすら出るわ出るわ  投稿日:2010/09/29
あいうえおうさま
あいうえおうさま 作: 寺村 輝夫
絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
いままでの本より文字量が多いので全部読めるかなと憂慮もなんのその。
読んだ日からほとんど毎日通してせがむお気に入りです。
フレーズがよほど頭に入りやすいみたいで、なんでもないときでも口をついて出てきます。

私も小さい頃のお気に入りでした。
昔とった杵柄で、何度か読むうちに全部覚えていることに気付きました。

あいうえおの本はいろいろありますが
これが一番実践的で面白いのではと思っています。

こまったおうさまだけどなんか応援したくなる。
子供も大人も楽しんで言葉の海を泳げるのがいいですね。
参考になりました。 0人

43件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット