3歳 夏のおけいこ 新装版 3歳 夏のおけいこ 新装版
監・著: わだ ことみ  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏のがんばり賞キャンペーン実施中!夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪

ぽぽろんさんの公開ページ

ぽぽろんさんのプロフィール

ママ・30代・長野県、女6歳 男4歳

ぽぽろんさんの声

673件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 賢さでは一番!  投稿日:2006/03/03
ねずみくん ねずみくん
ねずみくん ねずみくん 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
小さなねずみくん、重さでは他の動物たちにかないませんが、ねらいなのか偶然なのか、最後はみんなに勝ってしまいます。そこがわが子たちにはあまりわからず残念でしたが・・・。動物たちの声にはウケていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな先生に出会いたいな  投稿日:2006/03/03
びゅんびゅんごまがまわったら
びゅんびゅんごまがまわったら 作: 宮川 ひろ
絵: 林 明子

出版社: 童心社
目標に向かってがんばる子供たちの生き生きした様子がとてもいいです。でもいつもウワテな校長先生。遊びでも子供たちに「すごい!」と思われる、こんなところから信頼されていくんだろうなあと感じます。渋い顔をしているけど心のあったかいとてもいい先生です。
びゅんびゅんごまを両手両足でまわすところや、女の子とのやりとり、そして最後にみんなで成果を披露する場面など、ほのぼのとした感動を与えてくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 間がいい!  投稿日:2006/03/02
りんごがひとつ
りんごがひとつ 作・絵: ふくだすぐる
出版社: 岩崎書店
動物たちの表情がかわいらしくていいです。逃げるおさるさん、捕まるのかな?とヒヤヒヤ。そしてオチが!かなり笑えました。そしてさらに意外なあたたかい結末が・・・。先の読めない展開が面白いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 500円でこんな探検したいな  投稿日:2006/03/02
あまがえるりょこうしゃ トンボいけたんけん
あまがえるりょこうしゃ トンボいけたんけん 作・絵: 松岡 達英
出版社: 福音館書店
読んでいて一緒に水の中を探検している気分になります。水中の生物の様子が細かく描かれていて、へぇーと思うことがいろいろあり、親子で勉強になりました。
ライギョって不気味ですね・・・。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う いぬ、い、ね、うし、とら  投稿日:2006/03/02
ぶるどっぐとぼく
ぶるどっぐとぼく 作・絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店
子供の頃、野良犬に出会ったときのドキドキビクビクしていた気持ちを思い出しました。このおまじないで勇気が持て、犬ともおじさんとも仲良くなれたぼくがうらやましいなあ。
個人的にこの絵は苦手ですが・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夜中にこっそり  投稿日:2006/02/27
ハムスターのハモ
ハムスターのハモ 作・絵: たかお ゆうこ
出版社: 福音館書店
ハムスターの目線で描かれているので、普段の生活の中のテーブルや洗濯機などがとても大きく感じ、自分もハムスターになったみたいです。夜中、誰も見ていないところでガサゴソ活動するハムスター、本当にこんなことしてるのかな?とワクワクしてきます。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 昔からの手遊び歌  投稿日:2006/02/27
あがりめ さがりめ ―おかあさんと子どものあそびうた―
あがりめ さがりめ ―おかあさんと子どものあそびうた― 絵: ましま せつこ
出版社: こぐま社
子供たちは保育園でいろんな手遊び歌を覚えてきますが、新しめのものなのか、自分はやったことのないようなシャレたものが多いです。この絵本には懐かしいものが多かったです。表紙はレトロな感じですが、中の絵はひょうきんで楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こわーいひょうたん  投稿日:2006/02/27
おおぐいひょうたん
おおぐいひょうたん 絵: 斎藤 隆夫
再話: 吉沢 葉子

出版社: 福音館書店
主人公のフライラがどうしても欲しくてとってきた小さくてまるいひょうたん。それが跳ねたり踊ったりしてみんなが喜んでいたら、突然フライラの足をパクリ!なんと肉を食う魔物のおおぐいひょうたんだったのです。フライラは逃げ回りますが、おおぐいひょうたんは羊、牛、らくだと次々に飲み込んでいきます。とうとうフライラにかぶりついて、お父さんが蹴飛ばしてもびくともしません。そこにフライラがかわいがっていたヤギが突進してきて・・・・。

ちょっと不気味なひょうたん。日本の物とは形が違いますが、こんなのが「にくが くいたい」と追いかけてきて次々と動物を丸飲みにしていくなんて怖いです。ハラハラドキドキしながら楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆかいなポーズ  投稿日:2006/02/27
ほっぷ すてっぷ かぶとむし
ほっぷ すてっぷ かぶとむし 作・絵: 増田 純子
出版社: 福音館書店
”こどものとも012”のもの。下の子がじーじに買ってもらい大好きな一冊です。
絵はかぶとむししかなく、片足上げたり、ケンケンしたり、ほっぷすてっぷじゃーんぷ!と跳ねたり、最後は飛んでいきます。
とても簡単ですが、子供の好きなかぶとむしが、絶対にしないようなポーズと表情がおかしいのが楽しいようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 切ない・・・  投稿日:2006/02/27
きつねにょうぼう
きつねにょうぼう 絵: 片山健
再話: 長谷川 摂子

出版社: 福音館書店
表紙が怖いのでどんなお話かと思ったら、つるのおんがえしのような、きつねが人間に化けて、その姿を見られてしまい人間の元を去っていくお話。でも子供も生まれていて、あまりにも切なく、行かないでーという感じでした。その後も夫と子供を見守っていて、豊かに暮らせるようになりますが、きつねでも愛情深くて、あのまま暮らせたのに・・・と思わずにはいられませんでした。
参考になりました。 0人

673件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット