なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

もこあもこさんの公開ページ

もこあもこさんのプロフィール

ママ・20代・愛知県、3歳

もこあもこさんの声

23件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 一緒にジャンプ!?  掲載日:2009/7/6
Five Little Monkeys Jumping on the Bed
Five Little Monkeys Jumping on the Bed 作・絵: Christelow, Eileen
出版社: Clarion Books
アメリカでとても有名な手遊びの一つのようです。
手遊びやチャンツ、振り付け付きなど色々遊べるようですが
うちの子ザルさんは、この絵本を読んだ後
ベットやソファでジャンプするのが大のお気に入り!
…ママザルやお医者さんザルの気持ちがよーーーくわかる私。

何度も絵本を繰り返し、最近では自分でウニャウニャいいながら
読み聞かせをしてくれます。
簡単なフレーズの繰り返し、なじみやすい数の繰り返しなので
リズミカルに読むと、きっとすぐにお気に入りの一冊になると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 強烈な!  掲載日:2009/7/6
トマトさん
トマトさん 作: 田中 清代
出版社: 福音館書店
物凄い表紙のインパクト。
そのままの勢いで、強烈なトマトさんの絵が続きます。
最初はギョッとしていた子どもも(実は私も)
けっこう好きなようで。
何度も読みました。
強烈なんだけれど、どこか可愛らしいトマトさん。
ユーモラスな表情と、ちょっと意地っ張りなところが
また憎めない。
ざぶんっ!と入水シーンがまた何より気持ちよさそう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 手遊び歌と一緒に  掲載日:2009/7/1
たまごのあかちゃん
たまごのあかちゃん 作: 神沢 利子
絵: 柳生 弦一郎

出版社: 福音館書店
小さな子向けの絵本でよく紹介されていますが
我が子は、幼稚園に行ってから知り
お気に入りになった本です。

♪たーまごたまごがパチンと割れて〜♪
と、歌いながらページをめくり
何度も何度も繰り返します。

最後のカイジュウが出るところは
毎回同じ反応です。
「うきゃ〜。怖いけど!!」って
ニコニコ顔で。
それが見たくて何度も歌い、読む私です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ママおべんとう作って!  掲載日:2009/6/29
おべんとう
おべんとう 作・絵: 小西英子
出版社: 福音館書店
幼稚園に入り、給食がメインになった
娘のお昼ごはん。

それまでは時々お弁当を持って公園に出かけたりしていたので
それがメッキリなくなった頃に読んだので
娘のキモチをくすぐったようです。

シンプルな昔ながらのお弁当ですが
お母さんの味が勢ぞろい。
あったかい母の味です。

読み終わった後、
娘が「お弁当作って〜。幼稚園に持っていックから!」と
言っていました。
そんな「母の味」を、私も作れるお母さんになれるかな?
と、思った本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おねえちゃんのキモチ  掲載日:2009/6/29
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
ママも赤ちゃんも大好きだから
おねえちゃんになったから…。

なっちゃんは一生懸命「自分でできること」を
やってみます。
本当はママにやってもらいたいけど
本当はママと手をつなぎたいけど
本当はママと一緒に遊びたいけど…。

ママが忙しいのを知っているから
なっちゃんは、がんばります。

それが、本当に切なくて。
でも、それは「なっちゃん」にとって
大切な成長過程。だから、がんばれ!と思わず
応援してしまいます。

最後のシーンはあまりにも、いじらしくて
泣きながら読んでいました。
いくつになっても、子どもはママのだっこが大好きですものね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい いつかのあなたに…  掲載日:2009/4/15
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
初めて手にとって、最初のページで
母になった時の事を強烈に思い出しました。

母になって、初めて親の思いを知る。
それを自分が親になって実感したころのことです。

その先のページは、私にとってまだまだ先のことだけど
いつか、巣立っていく「あなた」に贈りたい1冊です。

押し付けではなく、素直な母の思いがたくさん詰まった本だと思います。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う どちらからでも♪  掲載日:2009/4/15
でんしゃでいこう でんしゃでかえろう
でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
我が子が入園した時に初めて読んでもらった本です。
たまたま、電車好きの我が子にはとても興奮する1冊だったよう。
そのあと本屋に走り、一緒に読みました。

1ページおきにトンネルがあり
その次のページは毎回景色が変わります。
トンネルの真ん中に穴があいていて
そこに指を入れてめくるのも、ワクワクが増すようです。
最後に広がる一面のお花畑は春を感じさせます。

行ったり来たり、その日の気分でどちらからでも読めますが
片側で終わることがないのも確かです(笑)
行ったら帰るし、帰ったら行くし…。
きっと一日に何往復もしますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 泣きました  掲載日:2009/4/15
いつでも会える
いつでも会える 作・絵: 菊田 まりこ
出版社: 学研
独身時代に落ち込んでいる時に出会った本。
その時も、かなり色んな事を考えさせられて、
ジワーッと泣けた本。

今、子を持つ親となって再び手にしたとき、
また感じ方が変わっていました。

死んでしまうのは犬ではないので、
まだ我が子に読み聞かせるのは抵抗がありますが
いつか、大きくなったら一緒に考えてみたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うまれてくれてありがとう  掲載日:2009/3/30
あやちゃんのうまれたひ
あやちゃんのうまれたひ 作・絵: 浜田 桂子
出版社: 福音館書店
私が小学校1年生の時に初めて読んだ本。
どうしても、子どもにも読んで欲しくて買いました。

3歳になりたての我が子には少し長いかなとも思いましたが
自分とすり合わせているのか
ジーッと聞いていました。

読み終わった後「ママも嬉しかった?」「○○も赤ちゃんだった?」
と会話がはずみ
あなたが生まれてどんなにうれしかったかを
素直に伝えられる機会になりました。

「うまれてくれてありがとう」を伝えられる。
そして、子どもの小さな胸にもそれはとても大きな印象として
残ってくれたらいいなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しいくて繰り返しちゃう!  掲載日:2009/3/29
さる・るるる
さる・るるる 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
全て「る」のつく言葉で終わっている絵本。
短い言葉のリズムが軽快で
つぎつぎページをめくります。

短い言葉の連続なので
覚えやすいのか、何度も繰り返しているうちに
普段も「るるる」と言い出す我が子の笑えました。

読んでいる私も途中で噴き出す楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

23件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット